【走って検証】息苦しくない・ムレない快適ランニングマスク超絶おすすめ3選!

SNSフォローボタン
ランニングマスクレビュー
この記事は約11分で読めます。

コロナ禍のランニングで「息苦しくなくて・ムレない快適なランニングマスクが欲しい!」

 

コロナ禍が続く中でランニングマナーとしてランニング中のマスク着用はすっかり定着致しました。というか世間の目もありランニング中にも飛沫防止の観点から着用しないといけない雰囲気にもなってます。

ランニング時のマスクは苦痛で仕方ないですよね。。。苦しいしマスク内はムレるし、耳痛くなるし日焼けの跡も出来るし・・なるべくこれらを払拭できるランニングマスクが欲しいところです。

 

コロナ禍が始まった2019年2月以降私も数多くのマスクやバフをランニング時に着用して検証して参りました。過去にランニングマスクを検証した記事はこちら↓

アンダーアーマー スポーツマスクはランニングに最適!様々なマスクを試してみた!
ランニング時のマスク選びに苦慮している方におすすめなのが「アンダーアーマースポーツマスク」です!様々なタイプのマスクとランニング時の快適性について検証してみました。

 

数多くのランニングマスクを検証しては見たものの、なかなかしっくりくるものがない・・そういったコロナ禍でのランニング時のマスク定着が浸透する中で、スポーツメーカー各社から高性能なランニングマスクが次々と出て参りました。

 

サブ3.5ランナーの私は普段のランニングである程度の距離を走りますし、また汗っかきなことから「ムレない」「呼吸しやすい」をずっと追求してきた結果、数々のランナーが求めてきた究極のランニングマスクを見つけました。

 

それが「アンダーアーマー」と「ニューバランス」「アシックス」のスポーツメーカーが開発したランニングマスクです。3点とも快適性・吸湿性・通気性ともに超絶優れており、めちゃ走りやすいです♪

それぞれ「息苦しくならない」「ムレにくい」というコロナ禍のランナーニーズを満たしているものの、3点ともマスクの形状や質感に大きな違いがありますので個々に好き嫌い・合う合わないが出るかと思います。

 

そこで私が実際にそれぞれのマスクを着用して走ってみた感想とそれぞれのランニングマスクのメリット・デメリット、どんなランナーの方に向いているか?について徹底解説して参ります。

ブログランキングに参加しております。こちらをポチして頂けると助かります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ

この記事を読んでもらいたい方!
今使っているランニングマスクがしっくりこない。息苦しくない・呼吸しやすいランニングマスクを探しているランナーの方!
スポンサーリンク

アンダーアーマー 「UAスポーツマスク」

読売巨人軍の原監督や多くのプロ野球選手も着用していることですっかり世の市民ランナーにも定着したアンダーアーマーの「UAスポーツマスク」

※出典:アンダーアーマーホームページより抜粋 https://www.underarmour.co.jp/ja-jp/SportsMask.html

 

アンダーアーマー「UAスポーツマスク」の最大の特徴は2点!立体構造で呼吸がしやすいこと。そして着け心地が良いことです。下記に細かな特徴とメリット・デメリットについてご紹介致します。

スポンサーリンク

アンダーアーマー「UAスポーツマスク」のメリット

アンダーアーマー「UAスポーツマスク」のメリットとして挙げられれるのはその立体的構造から非常に呼吸がしやすいことです。

ぱっと見、分厚く呼吸しづらいように見えますが、通気性に優れたポリウレタン製フォームと立体構造によるエアポケットによってめちゃ呼吸がしやすいです。

 

そしてUAスポーツマスクはフィット感にも優れております。お鼻の部分にはノースブリッジ(ワイヤー)が内蔵されており、個々のお鼻の形状に合わせて調整が可能です。

さらに快適性にも優れております。内側の肌に触れる部分には冷感素材の「アイソチル」が採用されており、熱を素早く拡散し、涼しさを持続させてくれます。夏でも冬でも快適にランニングが楽しめます♪

ちなみに私はあまりにUAスポーツマスクが快適すぎたので、冬にネックフォーマータイプのUAスポーツマスクを購入してしまいました。北海道の冬のランニングは寒すぎるので、汗をそんなにかくこともなく、口まわりは快適そのものでした♪

アンダーアーマー「UAスポーツマスク」のデメリット

そんなUAスポーツマスクのデメリットをあえて上げるとすると2点。

1点目は耳にかけるゴムですが、使っているうちに丸まって参ります。それが結構耳まわりを圧迫しますので、普段からマスクを付ける時間が長くて「耳まわりが痛い」という方には苦痛に感じるかもしれません。

そして2点目は、生地そのものがそれなりに分厚く水分を吸い込みやすいので汗や雨に弱いです。なので私のような汗っかきかつ暑い日の長距離走にはおすすめできません。汗が染み込んで溺れたようになります・・

それでもUAスポーツマスクはまだ立体構造なので、他のマスクに比べるとマスクが口に吸い付いてしまう可能性は低いものの、雨の日のランニングにもおすすめできません。

アンダーアーマー「UAスポーツマスク」は快適性に拘るランナーにおすすめ!

なのでアンダーアーマー「UAスポーツマスク」がおすすめのランナーとしては、そんなに汗をかかないような長い距離を走らないランナー、そしてマスクの快適性を重視されるランナーにおすすめのランニングマスクです♪

見た目もかっこいいアンダーアーマー「UAスポーツマスク」は普段使いにもおすすめです♪

ニューバランス 「アクティブパフォーマンスマスク」

箱根駅伝の山神として有名な「神野大地」選手がイメージキャラクターとなっているのがニューバランスの「アクティブパフォーマンスマスク」です。

Active Performance Mask. Pro Runner DAICHI KAMINO

※出典:ニューバランスホームページより抜粋 https://shop.newbalance.jp/shop/e/eEnb-acc-mask

ニューバランス「アクティブパフォーマンスマスク」の最大の特徴は2点!耳が痛くならないこと。そして着け心地が良いことです。下記に細かな特徴とメリット・デメリットについてご紹介致します。

スポンサーリンク

ニューバランス「アクティブパフォーマンスマスク」のメリット

ニューバランス「アクティブパフォーマンスマスク」のメリットとして挙げられれるのは、通常のマスクで耳にかけるゴムを耳にかけないので、耳が痛くならないことです♪ これはランナーにとっては相当なストレス軽減になります。

長さ調整が可能な二本のストラップを後頭部にかける形のマスクです。なのでマスクをかぶるスタイルになります。

こちらが実際に着用した際の画像です。上のストラップは上頭部、下のストラップを首に固定します。

後ろから見た画像。ヘアスタイルを機にするランナーには少し煩わしさがあるかもしれませんが、走っている時は全然気になりません♪

そしてニューバランスの「アクティブパフォーマンスマスク」は着け心地も抜群です♪お鼻の部分にはノースグリップ(フック)が内蔵されており角度調整が可能で、抜群のフィット感をもたらしてくれます。

肌に直接触れる内側の生地は着け心地の良いサラッとした生地です。ニューバランス「アクティブパフォーマンスマスク」の生地は湿気を逃して蒸れにくく、さらに汗や湿気を放出する加工が施されております。

さらに呼吸も非常にしやすい立体構造となっております。

マスク自体に厚さもなく重さも感じませんので、独自構造のストラップと相まったフィット感はクセになりそうです♪

ニューバランス「アクティブパフォーマンスマスク」のデメリット

ニューバランス「アクティブパフォーマンスマスク」のデメリットをあえて挙げるのなら1点のみ!

それはやはり生地が布製なので汗や雨などの水分に弱いという事です・・ 特に私のような長い距離を走る、そして汗っかきな方にはおすすめできません。

 

汗っかきでも短時間のランニングで済ませる時にはおすすめなのですが・・

ニューバランス「アクティブパフォーマンスマスク」は耳が痛くならない・着け心地を求めるランナーにおすすめ!

なのでニューバランス「アクティブパフォーマンスマスク」がおすすめのランナーとしては、そんなに汗をかかないような長い距離を走らないランナー、そしてマスクの耳が痛くなることを機にされる方、着け心地フィット感を重視するランナーにおすすめのランニングマスクです♪

あとニューバランス「アクティブパフォーマンスマスク」は取り外しが容易な点もメリットです。

 

私はあまりひと気がないところではマスクを外して走っておりますが、その時はネックフォーマーのように首にぶら下げて走っております。

 

ニューバランス「アクティブパフォーマンスマスク」耳にゴムをかけないので、本当にストレスフリーです♪ ヘアスタイルさえ気にならなければ、普段使いもできちゃいます♪

アシックス 「ランナーズフェイスカバー」

スポーツメーカーアシックスが発売したこれまでのランニングマスクで最高傑作なのが「ランナーズフェイスカバー」です。

※出典:アシックスホームページより抜粋 92-400.html?size=OS&utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=onlinessc&utm_term=ssc&utm_content=ssc&gclid=Cj0KCQjwhr2FBhDbARIsACjwLo1MOw4kit_MZxIbfoJbdUicS5oDaXogwnty0DJE00Jcm43vPD1MNvsaAslXEALw_wcB&gclsrc=aw.ds

 

私は今回ご紹介した3点のマスクの中ではアシックス「ランナーズフェイスカバー」が汗っかきの私としては一番おすすめです。

 

そんなアシックス「ランナーズフェイスカバー」の最大の特徴は2点!呼吸が圧倒的にしやすい、そして全くムレないことです。下記に細かな特徴とメリット・デメリットについてご紹介致します。

スポンサーリンク

アシックス「ランナーズフェイスカバー」のメリット

アシックス「ランナーズフェイスカバー」のメリットとして挙げられるのが圧倒的な呼吸のしやすさです。見てお分かりの通り口元がメッシュ構造となっており、通気性に優れております。

肌に直接触れるマスク裏側もメッシュ構造になっており、呼吸によるムレを防いでくれます。

メッシュを覆っている表面生地をガバッと裏返すとメッシュ素材が現れます。メッシュの上に生地を採用することで飛沫を防止する効果が期待できます。

そしてアシックス「ランナーズフェイスカバー」もマスクのゴム紐が独特です。

耳の部分と首部分の2箇所をアジャスターで調整でき、これがなんとも言えないフィット感を生み出してくれます。

走っていて呼吸しやすい、そしてムレないというランナーの理想を満たしてくれたアシックス「ランナーズフェイスカバー」凄いっす!!

アシックス「ランナーズフェイスカバー」のデメリット

そんな完璧なランニングマスク、アシックス「ランナーズフェイスカバー」のデメリットをあえて挙げるとするなら・・それは着け心地でしょうか。

直接お肌に触れる口まわりがメッシュ素材のため、布生地に比べてどうしてもザラッとした着け心地となり、人によってはあまり心地よいものではないかもしれません。

 

ただ呼吸のしやすさやムレないという点を考慮すると、着け心地は我慢できるかもしれません。。

アシックス「ランナーズフェイスカバー」は息がしやすい・ムレないことに拘るランナーにおすすめ!

なのでアシックス「ランナーズフェイスカバー」がおすすめのランナーとしては、息がしやすい、ムレないことに重きを置くランナーの方です!

ようやくランナーにとって理想的なランナー専用マスクを発売してくれたアシックスに感謝です♪

【走って検証】息苦しくない・ムレない快適ランニングマスク超絶おすすめ3選!まとめ

私は今まで10種類のランニングマスクを試して参りました。その中でも特にコロナ禍でのランナーニーズを満たしている究極の3製品をご紹介させて頂きました。

どれも本当に優れもののランニングマスクなのですが、あえて練習の強度的に分類すると、

 

長距離やスピード練習:アシックス「ランナーズフェイスカバー」

ゆっくりとしたランニング:アンダーアーマー「UAスポーツマスク」。ニューバランス「アクティブパフォーマンスマスク」

 

ではないでしょうか。あとは着け心地や耳が痛くならない点など、皆様のお好みでご選択されると良いと思います♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました