子育てでお悩みの方へ!最高の子育て術!キャンプを始めよう!

SNSフォローボタン
ファミリーキャンプ初心者ノウハウ
スポンサーリンク

ファミリーキャンプを始めようと思ったきっかけは皆さま様々だと思います

 

「土日暇だから・・」

「周りのファミリーがキャンプ始めたのでウチも・・・」

「子供達に大自然の雄大さに触れて欲しいから」

「バーベキューを楽しみたいから」

「親に昔キャンプに連れて行ってもらって、その時に楽しさを子供達に伝えたいから!」

 

などなどありますよね。



ファミリーキャンプを初めてからから3年経って思うのが、特に子育てに悩まれている親御さんにはキャンプは最高の子育て術だということです。

 

そう私が言いきるのはなぜか?という理由について、ファミリーキャンプを始めたきっかけを元にその魅力についてご紹介致します!

スポンサーリンク

 家でゲームばっかりやっていて、外で遊ばなくなった子供達に大自然の中で遊ぶ楽しさを教えたい!

最近の子供達はゲーム機器の発達やインターネットの普及、教育の充実などもあり、アラフォー世代の私達に比べて、外で遊ぶ子供が明らかに少なくなったように感じます。

 

ファミリーキャンプはそんなITとは無縁の日常を忘れさせてくれます^ ^ まぁゲームを持って行ったら意味がないのですが・・( ̄∇ ̄) 感覚的にはキャンプは大人も子供もディズニーランドに行った時のワクワク感と同じくらいワクワク致します♪( ´▽`) いやそれ以上かもしれませんね。

 

大自然に放たれた子供達は冒険心が働いて、子供本来の、のびのびイキイキとした、いつもと違う表情を見せてくれます。これだけでも連れてきた甲斐があると実感致します♪

 食事に偏りがある子供達に、食事の大切さ、美味しさを自宅とは違う大自然という環境で味ってもらいたい!

私がファミリーキャンプを始めよう!と思った一番のきっかけがコレです!子供が小学校入学と同時に環境の変化によるストレスが原因か定かではありませんが、食事が喉を通らなくなってしまったのです。今まで食べられていたものが、食べられなくなってしまいました。

 

子供が食べないことによる親のストレスも溜まります。そこで考えたのが、ファミリーキャンプで自分で調理してみて、大自然という環境の中でいつもと雰囲気を変えて食事をしてみたら、食べられるのではないか?ということでした。

 

大自然の中での子供に調理のお手伝いをさせること、で食の大切さを教えることが出来ます。また日常とは違った大自然という解き放たれた環境で食事をする、家ではない、外で食べるという雰囲気を変えることで、普段食べられなかったものが簡単に食べることが出来ました。これにはエビデンスはありませんが、まさに大自然が産み出すキャンプ効果と実感致しました♪

 

食育に悩まれている親御さんに、ファミリーキャンプをして大自然の中で食事を一緒に作る、一緒に食べるということを、オススメ致します!

 いつもの近所の公園遊びとは違った大自然の中で、子供達とのコミュニケーションを図りたい!

ファミリーキャンプは子供たちとのコミュニケーションが確実に深まります。テントの設営から始まり、簡単な調理のお手伝い、焚き火の薪集め、寝室のセッティングなど、子供たちと協力して一つ一つこなしてもらうことで、家族のコミュニケーションや連帯感がより一層強くなります\(^o^)/

 

ここでポイントなのは、多少の作業の遅さにもどかしさがあっても、子供たちに最後までやらせてあげることです。やらせてあげることで子供たちは大きな達成感に包まれます。そして不思議なことに普段家では全くお手伝いをしてくれない子供たちが、不思議とキャンプの時には言うことを聞いてくれます(笑)そしてキャンプ終了後にも帰りの車中や、帰宅後しばらくしてからも家族みんなで余韻に浸ることができ、「また次いつ行こうか〜?」と楽しみも続きます^ ^

 

一度キャンプに連れて行った子供は「二度と行かない!」ということを聞いたことはありません!それだけ子供たちにとってキャンプは魅力的で楽しい出来事なのです♪( ´▽`)


いざという時の災害対策にもなる!ファミリーキャンプの体験!

そして何よりもキャンプは災害対策にもなります。キャンプの原点は災害対策からきているのですが、それを何よりも実感したのが「平成30年北海道胆振東部地震」です。この時我が家は二日以上停電と断水になりましたが、キャンプ経験がある子供たちは動揺することなく、キャンプと同じように過ごすことが出来ました。

 

災害時には様々な問題が発生致します。停電することで、IHクッキングヒーターだった我が家は調理が出来なくなりました。しかしこれは「カセットコンロ」で応用出来ました。そして子供たちにとって何よりも問題だったのが「トイレ」です。断水になった我が家ではトイレが使用できなくなりましたが、近くの公園で用を足しました。最近の綺麗なトイレにすっかり慣れてしまった子供たちは、外のトイレを使用出来ない子も多いと聞いておりますが、キャンプで「汚いトイレ」に慣れている我が家はそこも全く問題ありませんでした。

 

また子供たちにとってもっとも恐怖なのが「暗闇」です。停電の夜は本当に真っ暗です。停電の日は街灯のあるキャンプ場よりも暗かったです( ̄∇ ̄) キャンプ用品のランタンを駆使して二日間を乗り切りましたが、ランタンやろうそくがなかったご家庭も多く、子供たちは本当に怖かったと思います。しかしキャンプに慣れていれば、停電の暗闇もなんのそのです。災害の停電にあった二日間は正直キャンプに行ったかのように過ごせました。

 

このようにファミリーキャンプの経験は、いざという時のための災害対策にもなると行くことを実感致しました。

子育てでお悩みの方へ!最高の子育て術!キャンプを始めよう! まとめ

私はキャンプを通じて家族のコミュニケーションはもちろん、食育や子育ての大切さを学びました。普段の日常とはかけ離れた大自然という環境で、子供たちも開放的になります。普段塞ぎ込みがちなお子さんや食育でお悩みの親御さんも、キャンプを通して子供たちに少し変化が見えるかもしれません。我が家は実際に子供の食事に変化が見られました。また何回もキャンプに行くことによって性格も穏やかになったと実感しております。

 

食育でお悩みの方、子供たちとのコミュニケーション不足を感じている方、言うことを聞かない子供に変化を求めたい方にはぜひファミリーキャンプ を一度経験して欲しいと思います!さらにはファミリーキャンプはいざという時のための防災訓練にもなります。ファミリーキャンプは様々な意味でサイコーの子育て術と言えます!(^ ^)

 

さあ早速キャンプグッズを備えてファミリーキャンプに出掛けましょう♪


タイトルとURLをコピーしました