【オートリゾート苫小牧アルテン】体験レポート!通年営業キャンプ場の隅々まで徹底解説!

SNSフォローボタン
【実体験】北海道キャンプ場レポート
この記事は約23分で読めます。

「初心者でも安心の設備が整ったキャンプ場でキャンプしたい!」

「川や水遊びができる子連れファミリーキャンパーでも楽しめるキャンプ場でキャンプしたい!」

「温泉が隣接しているキャンプ場でキャンプしたい!」

「ロケーションが良くて雰囲気抜群のキャンプ場でキャンプしたい!」

 

そんなキャンパーのニーズを満たしてくれるのが北海道苫小牧市にある「オートリゾート苫小牧アルテン」です!

オートキャンプ場の規模としては「日本最大級」とも言われる「オートリゾート苫小牧アルテン」全国区の高規格オートキャンプ場ですが、実は私、北海道でキャンプ歴6年にも関わらず今回お初でございました。

 

というのも何度かファミリーキャンプで予約はしていたものの新型コロナによる規制が厳しい「オートリゾート苫小牧アルテン」から居住地の問題で利用を断られてしまっていたのです。

 

新型コロナによる緊急事態宣言も明け、2021年10月にソロキャンプでようやく行く事が出来ました。高規格かつ雰囲気抜群の「オートリゾート苫小牧アルテン」のキャンプ場内を徹底解説致します。

ぜひ「オートリゾート苫小牧アルテン」を利用される際の参考にして頂けますと幸いです。

ブログランキングに参加してます!こちらをポチして下さると助かります!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

スポンサーリンク
  1. 【基本情報】オートリゾート苫小牧アルテン
  2. 「オートリゾート苫小牧アルテン」に向かい前の買い物スポット!
    1. ビッグハウス明徳店
  3. まるで高級ゴルフ場かと思うような立派な「センターハウス」でチェックイン受付
    1. センターハウス内に売店・自動販売機あり
    2. トイレ・シャワー(無料)は24時間利用可能
    3. コインランドリーあり
  4. テントサイトのご紹介
    1. セミオートサイトの「みずならサイトA・B」
    2. ペット可のシンプルオートサイト「しらかばサイトP・Q・R・S」
    3. ペット可の電源付きオートサイト「からまつサイトG」
    4. 電源・テレビ端子・野外卓付きオートサイト「からまつサイトH」
    5. ペット可の電源・テレビ端子・炊事場・野外卓付きオートサイト「からまつサイトF・J・K・L・M」
    6. 車横付け可のシンプルオートサイト「みずならサイトC・D・E」
    7. バンガロー(定員4名)
    8. キャビン(定員9名)
    9. ログハウス(定員6名)
    10. デッキハウス(定員6名)
    11. ロフトハウス(定員5名)
  5. ゴミは無料 キャンプ場内3ヵ所に大型ゴミステーション設置
  6. 遊具は4ヵ所に点在、センターハウス前には広大な芝生広場も
  7. 川遊びと池遊びの両方の水遊びが可能!
  8. レンタル品も充実!
  9. 温泉入浴は「ゆのみの湯」まで徒歩で行ける!3日間入り放題券をセンターハウスで購入しよう!
  10. その他「オートリゾート苫小牧アルテン」で気になること!
    1. 花火は指定の場所でのみ可能!
    2. 場内はめちゃ綺麗に舗装されており、キックボードやブレボー滑り放題!
    3. 天気が良ければ満天の星空が見える!
    4. 焚き火は全サイトで可能!必ず焚き火ブロックやシートを使用しましょう!
    5. 天気予報はハズレが多い?
    6. 虫対策は万全に!
  11. 【オートリゾート苫小牧アルテン】体験レポート!通年営業キャンプ場の隅々まで徹底解説!まとめ

【基本情報】オートリゾート苫小牧アルテン

オートリゾートアルテン苫小牧の基本情報です。

基本情報
住所 苫小牧市字樽前421-4
営業期間 通年営業
予約電話
0144-67-2222(9:00-18:00)
利用日の2ヶ月前の1日から予約可能。ネット予約ができます↓
ホームページ https://www.dp-flex.co.jp/arten/index.php
入場料 なし
チェックイン オートサイト12:30〜17:00
建物サイト 14:30〜17:00
チェックアウト 〜11:00

ネット予約しておくと、当日申し込み用紙に記入する必要がなく、料金の支払いのみとなりますので、非常にスムーズです!

サイト料金(税込)
区分 サイト数 ペット可否 4−10月 11−3月 平日料金
みずならサイトA・B(電源なし) A:19
B:29
× 3,300円 クローズ 2,310円
みずならサイトC・D・E(電源なし) C: 8
D:10
E:11
× 4,400円 2,200円 3,080円
しらかばサイトP・Q・R・S(電源なし) P:22
Q:12
R:11
S:13
5,500円 クローズ 3,850円
からまつサイトG(電源・TV端子付、野外卓) 11 6,050円 3,025円 4,235円
からまつサイトH(電源付、野外卓) 10 × 6,050円 3,025円 4,235円
からまつサイトJ・K・L・M(炊事場・電源・TV端子付、野外卓) J:18
K:14
L:12
M:6
6,600円 3,300円 4,620円
からまつサイトF(炊事場・電源・TV端子付、野外卓) 3 6,820円 3,410円 4,774円
ログハウス:定員6名(風呂・トイレ(ウォシュレット)寝具・炊事台・冷蔵庫・電熱器・テレビ・ストーブ・テーブル・椅子) 3 × 24,000円 16,800円
デッキハウス:定員6名(トイレ(ウォシュレット)・風呂・寝具・炊事台・冷蔵庫・電熱器・テレビ・ストーブ・テーブル) 2 × 23,000円 16,100円
ロフトハウス:定員5名(トイレ(ウォシュレット)
マットレス・炊事台・冷蔵庫
ガス台・ テレビ・ストーブ
テーブル・ 椅子)
3 × 14,500円 10,150円
バンガロー:定員4名(トイレ(ウォシュレット)
マットレス・炊事台・テレビ・ストーブ・テーブル)
10 × 9,000円 6,300円
キャビン:定員9名(トイレ(ウォシュレット)
マットレス・炊事台・冷蔵庫
ガス台・ テレビ・ストーブ
テーブル・ 椅子)
10 × 18,000円 12,600円
キャンセル料 ※4日前まで無料 前日〜3日前20% 当日50% 無断キャンセル100%

「オートリゾート苫小牧アルテン」のサイトは同じようで設備やペットの可否など、微妙な違いがある多彩なサイト構成となっております。

 

日本屈指の大人気キャンプ場のため、予約開始日の月初には予約が殺到してしまいますが、3日前からキャンセル料が発生するため、万が一行きたい日が満杯の場合は3日前に空き状況を確認して見るのが狙い目です。

 

また「オートリゾート苫小牧アルテン」は札幌からのアクセスも良く、道央道を利用するとわずか1時間足らずで到着してしまう利便性の良さも魅力の一つです。

「オートリゾート苫小牧アルテン」に向かい前の買い物スポット!

スポンサーリンク

「オートリゾート苫小牧アルテン」のセンターハウスには必要最小限のキャンプ用品や飲料水など売店で販売されておりますが、食材はほとんど売ってません。

 

やはりBBQ用の食材は事前に購入しておきたいところ。ただ出発地で「あれ買い忘れた!」ということは必ずあること。なので「オートリゾート苫小牧アルテン」から一番近いスーパーをご紹介致します。

ビッグハウス明徳店

「オートリゾート苫小牧アルテン」から車で10分ほどの場所に「ビッグハウス明徳店」があります。ここがキャンプ場から一番近いスーパーになります。

隣には「パワーコメリ」もありますので、キャンプ用品に困った際にも便利です。札幌方面から向かうと右側になります。

まるで高級ゴルフ場かと思うような立派な「センターハウス」でチェックイン受付

道央自動車道「苫小牧西I.C」から「オートリゾート苫小牧アルテン」方向に進むと、所々に大きな看板が見えてきますので、道に迷うことはなさそう。

キャンプ場手前にはゲートがあります。なのでキャンプ場利用者以外は侵入できないようになっているため、セキュリティ面でも安心感を持てます♪

ゲート手前でセンターハウスのスタッフさんに「名前」を伝えると、入場ゲートが開きます。

ゲートを進むと右手にキャンプ場が見えて参ります。

「あれ?ここは高級ゴルフ場?」を彷彿させるような立派なセンターハウス。もうここから「オートリゾート苫小牧アルテン」の高規格ぶりが想像できます♪

センターハウス左側の駐車スペースに車を停めて中でチェックイン受付を行います。

チェックイン受付前には検温モニターが設置。元々苫小牧市の感染対策は他の都市よりもかなり厳しいため、キャンプ場の感染対策も万全です。

上述致しましたが、インターネット予約をしておくとチェックイン受付時に申込書を記入する必要がありません。その場合チェックインがスムーズですので、予約はインターネットがおすすめです!

センターハウス内に売店・自動販売機あり

センターハウス内には売店や自動販売機があり、万一の買い忘れにも対応。

受付横には薪や花火、子供が遊べるおもちゃ、

そして酒類や木炭・ガス缶・虫除けスプレーなどのキャンプ必需品が揃ってます。

センターハウスは24時間解放されておりますが、売店の営業時間は8時から18時までとなっております。ビールの自販機もセンターハウス内にありますが、22時までとなっております。

その他センターハウス内にはセブンティーンアイスの自動販売機もあります。夏場はバカ売れしそう。

またセンターハウス向かいには清涼飲料水の自動販売機が設置されてます。キャンプ場内の自動販売機はここだけですので、ご注意ください。

トイレ・シャワー(無料)は24時間利用可能

センターハウス内にはシャワールームとトイレがあり、こちらも24時間利用可能です。そしてシャワーはなんと!無料です。シャワールームはセンターハウスから少し離れたサイト「しらかばサイト」のサニタリーにも設置されてます。

センターハウス内のシャワールームです。脱衣所は共有です。

こちらがシャワーブース。無料とはなんともありがたい! サイト利用料は高めですがシャワー無料やゴミ回収無料などを考えると、決して高い料金設定ではないことがわかります。

こちらはセンターハウス内のトイレ。場内にも数カ所トイレが点在しておりますが、ほぼ同じ作り・設備です。

そして当ブログ恒例の大便器チェック! もちろんウォッシュレット! キャンプ場内に点在するトイレの大便器全てにウォッシュレットが付いてますので、私のような痔持ちも安心です♪

コインランドリーあり

センターハウス内にはコインランドリーもあります。洗濯機と乾燥機がそれぞれ3機づつ。

洗濯機は1回200円

乾燥機は30分100円と料金体系もリーズナブル。センターハウスから少し離れた「しらかばサイト」のサニタリーと「みずならサイト」の炊事場にもコインランドリーがあります。

スポンサーリンク

テントサイトのご紹介

「オートリゾート苫小牧アルテン」の広大かつ多彩なサイトを徹底解説して参ります!

セミオートサイトの「みずならサイトA・B」

水遊びができる「あそんで池」と「川」へのアクセスが良い「みずならサイト」 AとBはセミオートタイプ(フリーサイトだけど区画が決まってて車も横付けできるサイト)のサイトです。

「みずならサイトA」はキャンプ場一番右奥の位置。

「みずならサイトA」はセミオートタイプのため、決まった駐車スペースがあり、駐車スペースの後ろ側が区画になります。

区画はうっすらと芝に浮き出てます。ツールームテントがギリギリ張れる広さでしょうか。電源も何もないシンプルなサイトです。

「あそんで池」が真横なので子連れファミリー向けのサイトです。

続いて「みずならAサイト」よりもセンターハウス側よりの「みずならBサイト」

基本Aサイトと同じです。各駐車スペースの後ろ側にテントを張ります。Aサイトよりも密集してますので、少し窮屈かもしれません。A/Bサイトともに炊事場とトイレまでの距離感が適度です♪

ペット可のシンプルオートサイト「しらかばサイトP・Q・R・S」

ペット可のオートサイトだけれども電源もないシンプルなオートサイトが「しらかばサイト」です。

「オートリゾート苫小牧アルテン」の中で唯一、センターハウスから道路を跨いだ離れのサイトです。

「しらかばサイト」は大きく分けて「P・Q・R・S」と4つのサイトに分かれております。こちらは道路から入ってすぐのPサイト。

Pサイトの1番サイトです。駐車スペースは車1台分、サイトの広さもツールームテントが余裕で張れるスペースです。サイトの広さは「しらかばサイト」全てがこちらと変わらない同程度の広さです。

「しらかばサイトQ」はしらかばサイトの真ん中部分の場所。

周りは適度な木々に囲まれたサイトです。夜空が凄そう♪

こちらは「しらかばサイト」左奥のSサイト。周りが木々で覆われており、落ち着いた雰囲気のサイトです。

そしてもう一つキャンプ場一番奥のRサイト。

RサイトもQサイト同様に、夜空が凄そうな開けたサイトです♪

「しらかばサイト」入り口付近にサニタリーがあり、ここにトイレ・炊事場・コインランドリー・シャワールームが結集されております。

サニタリーの炊事場、めちゃ綺麗!

サニタリー内には左にトイレ、右にはシャワールームとコインランドリーがあります♪

トイレもめちゃ綺麗!

大便器はもちろんウォッシュレット♪

そして一つの大便器はウォッシュレットではありませんが、子供用の便座が付いており、お子様も安心して用をたせます♪

サニタリー内のコインランドリーとシャワールーム。センターハウスまで行かなくても良いのが何よりも嬉しいですね。

センターハウスとのシャワールームの違いは、脱衣所とシャワールームが孤立していること。しかも無料♪

コインランドリーもセンターハウスまで行く必要がありません。洗濯機と乾燥機が2台づつ設置。

そして「しらかばサイト」のSサイトとRサイトの間には炊事場があります。

こちらも綺麗な炊事場です。全てのサイトから適度な距離感で炊事場が設置されているのが嬉しいですね。

「しらかばサイト」は全てペット可となっており、場内を安心して散歩することが出来ます。寒い時期でなければ電源のない「しらかばサイト」でも全く問題なくキャンプが楽しめるかと思います♪

スポンサーリンク

ペット可の電源付きオートサイト「からまつサイトG」

センターハウスから程近く、ペット可で電源付きのみシンプルオートサイトなのが「からまつサイトG」です。

「からまつ」の名の通り、「からまつサイト」はからまつの木々に覆われたメチャ雰囲気抜群のサイトです。

特に「からまつGサイト」はセンターハウスから程近く、サイト内に設置されている共有炊事場へのアクセスも良いサイトです。

右側が「からまつGサイト」で左側がセンターハウス。トイレはセンターハウスを利用します。

「からまつサイト」はHサイトを除き、全てがペット可サイトなので、その辺ペット連れだらけです。からまつの木々の下でペット連れキャンパーとの交流を楽しみましょう♪

電源・テレビ端子・野外卓付きオートサイト「からまつサイトH」

周りはからまつの木々に囲まれ、開けたオートサイトが「からまつサイトH」です。

「からまつサイトH」はセンターハウスのほぼ真横に位置しますので、トイレに行くさいは便利な場所です。

「からまつサイト」の中でも唯一開けたサイトで、こちらも夜空が凄そうです♪

「からまつサイトH」には野外卓の他、電源が備え付けになっております。

「からまつサイト」の中でもHサイトのみが唯一ペット不可となってます。ペットとあまり接したくない、静かに過ごしたいキャンパーさんにおすすめのサイトです。

ペット可の電源・テレビ端子・炊事場・野外卓付きオートサイト「からまつサイトF・J・K・L・M」

「オートリゾート苫小牧アルテン」で最上級の設備を誇る「からまつサイトF・K・L・M」をご紹介致します。

まずは「からまつFサイト」ここはセンターハウスから一番近く「からまつサイト」の中でも料金設定が一番高くなっております。

サイトの広さは他の「からまつサイト」と同じですが・・

炊事場の作りがちょっと違ってまして、ランタンをかけるポールが付いてたりします。

野外卓も備え付けに。

続いて「からまつJサイト」からまつの木々に囲まれて良い雰囲気醸し出してます。

私が2021年10月中旬に利用したのが、Jサイトの14番。一番道路側に面したサイトです。道路側と言ってもキャンプ場に出入りする車しか通りませんので、走行音はほぼ気になりません。

私が使用した「からまつJサイト」について詳しくご紹介致します。他のからまつサイトとサイトの広さや設備が全く同じとなっております。

 

「からまつサイト」は全てキャンピングカーが駐車できる広く長い駐車スペースが確保されております。

サイトの広さもツールームテント+タープを張っても十分な広さ。ソロだとスペースを完全に持て余してしまってます・・

「からまつサイト」はHサイト以外、全て炊事場が付いてます。

これがまた使い勝手の良い炊事場です。蛇口の横に洗った食器類を置いておける適度な広さのスペースもあります。

そして電源も備え付けに。電源は15A、そしてキャンピングカー用にTV端子まで付いてます。

続いてキャンプ場さらに奥に進むと「からまつKサイト」が見えてきます。「Kサイト」はトイレが一番近いというのがポイントです。ペット連れかつ、小さなお子様がいらっしゃるファミリー向けのサイトかと思います。

さらに奥に進んだ「からまつLサイト」からまつの木々がさらに深まった静かな空間です。

そしてキャンプ場一番左奥に位置するのが「からまつMサイト」Mサイトだけ「からまつサイト」の中で唯一車を横付けするタイプのサイトになってます。

大型のキャンピングトレーラーやキャンピングカーをお持ちの方向けのサイトかと思います。

からまつサイトからトイレにはセンターハウスと、サイト内に1箇所設置されております。どのサイトからもそんなに遠くないというのが良いところです。もちろん全てウォッシュレット付きです(笑)

車横付け可のシンプルオートサイト「みずならサイトC・D・E」

センターハウスすぐ右に位置するのが「みずならサイトC・D・E」です。

C・D・Eにサイトの広さや設備に差はありません。Cが一番センターハウスに近く、Eは川に近いという違いだけです。全て電源なし・ペット不可のシンプルオートサイトです。

 

こちらはセンターハウス真横のCサイト。炊事場もすぐに裏です。

裏のサイトとの間には小さな木々で仕切られてます。若干プライバシー保護感はありです。

こちらはCとEの間に挟まれたDサイト。Dサイトからも炊事場やトイレ(センターハウス)へのアクセスはかなり良いです。

こちらはEサイト。裏には川が流れておりますので、夏場子供たちの川遊びメインのファミリー向けのサイトかと思います。

Eサイトからは川のせせらぎを感じることが出来ます♪

「みずならサイトC・D・E」は電源なしのシンプルサイトです。サイトの横には芝生の広場、Eサイト斜め向かいには遊具、そして川の流れていることから、お子様のアクティビティメインのファミリー層向けのサイトと言えます。

バンガロー(定員4名)

続いて建物サイトをご紹介致します。全てのタイプの建物サイトがセンターハウス近くに結集されております。

バンガローだけは唯一「からまつサイト」側に位置してます。

バンガロー前にはタープを張れる広さのスペースがあります。

バンガローだけ利用者がいませんでしたので、内部を撮影してみました。ストーブやテレビが付いてて室内で快適に過ごせそう!

詳しい「バンガロー」の設備等については「オートリゾート苫小牧アルテン」のホームページでご確認ください↓

オートリゾート苫小牧アルテン|キャンプ|コテージ

キャビン(定員9名)

センターハウス手前を右に曲がるとキャビンなどの建物サイトが色々見えてきます。

綺麗に並んだ「キャビン」

「キャビン」前には広々としたスペースがあり、車も数台、タープも余裕で張れる広さです。

からまつの木々と「キャビン」が相まって、かなり良い雰囲気を醸し出してます♪

詳しい「キャビン」の設備等については「オートリゾート苫小牧アルテン」のホームページでご確認ください↓

オートリゾート苫小牧アルテン|キャンプ|コテージ

ログハウス(定員6名)

まるで山荘のログハウスかと思うような佇まいなのが「ログハウス」です。3棟が連なってます。

テラスもあり、ログハウス前にも十分なスペースがありますので、タープも余裕で張れる広さです。

詳しい「ログハウス」の設備等については「オートリゾート苫小牧アルテン」のホームページでご確認ください↓

オートリゾート苫小牧アルテン|キャンプ|コテージ

デッキハウス(定員6名)

左側2棟がバリアフリーな「デッキハウス」です。

その名の通りデッキがあります。段差がなくスロープもありますので、車椅子の方が利用できる建物サイトです。

「デッキハウス」前にもそこまで広くありませんが、タープひと張り分くらいのスペースはあります。

詳しい「デッキハウス」の設備等については「オートリゾート苫小牧アルテン」のホームページでご確認ください↓

オートリゾート苫小牧アルテン|キャンプ|コテージ

ロフトハウス(定員5名)

「デッキハウス」と向かい合っている「ロフトハウス」

その名の通り「ロフト」があります。デッキハウス同様にそこまでスペースはないものの、タープひと張り分くらいのスペースは手前にあります。

詳しい「ロフトハウス」の設備等については「オートリゾート苫小牧アルテン」のホームページでご確認ください↓

オートリゾート苫小牧アルテン|キャンプ|コテージ

ゴミは無料 キャンプ場内3ヵ所に大型ゴミステーション設置

キャンプ場内には3箇所、超大型のゴミステーションが設置されております。ゴミの回収代は無料です。ゴミ袋は各自持参となっておりますので、必ずゴミ袋を持参しましょう。

大きく分けて「燃やせるゴミ」と「燃やせないゴミ」の至ってシンプル。ガス缶も回収してくれます。

スポンサーリンク

遊具は4ヵ所に点在、センターハウス前には広大な芝生広場も

子連れファミリーキャンパーにとって「遊具の有無」は気になるところ。広大なキャンプ場内の4箇所に遊具が点在しております。まずはセンターハウス反対方向、道路渡っての正面にある「ぼうけん広場」

「ぼうけん広場」には網の遊具?や

ちょっとしたアスレチック遊具があります。

「ぼうけん広場」にはテニスやバスケットボールが楽しめる多目的スポーツコートもあります。年齢関係なく遊べちゃいます♪

続いての遊具は「あそんで池」の砂浜にある、

こんな遊具が設置されてます。前後にゆらゆらする遊具です(正式名称わかりません・・)

3箇所目は「ゆのみの湯」横にあります。「あそんで池」からすぐに行けます。

ちょっとした滑り台とターザンロープがあります。

そして最後4箇所目はセンターハウス向かいの芝生奥にある遊具です。こちらの遊具は乳幼児から幼稚園児までといった感じでしょうか。

そしてセンターハウス向かいには広大な芝生が広がってます。

青い空が広く見渡せる芝生広場で、サッカーなどのボール遊びやバトミントンなど出来そうです♪

そしてなぜか芝生広場なのにバスケットゴールが設置されてます・・芝生にバスケット?!なんか一致しませんが・・色々と楽しめそうです♪

川遊びと池遊びの両方の水遊びが可能!

「オートリゾート苫小牧アルテン」が子連れ向けな最大の理由が「川遊びも池遊び」の両方の水遊びができることです。「みずならサイト」から直接行ける「あそんで池」

「あそんで池」手前は砂浜となっていて、裸足で池に行くことができます。夏場はここにポップアップテントなんか張っちゃっても良いかもしれません。

池は小さな子供も安心の浅瀬です♪

そして「あそんで池」奥には整備された川も流れております。

ただ川遊びが出来るのはほんのひと区間だけです。こちらの段々になった場所のみ川遊びが可能です。

この場所だけは浅瀬になってます。流れも穏やかではありますが、親御さん同伴で楽しく遊びましょう♪

レンタル品も充実!

「オートリゾート苫小牧アルテン」ではレンタル用品も充実しております。レンタルはセンターハウス向かいの自動販売機横のプレハブ小屋で行っております。

キャンプ用品はほぼほぼ網羅。なぜかテレビまでレンタルしてます。

遊戯具も充実。万一子供のお遊びグッズを忘れてもレンタル品で賄えます。

温泉入浴は「ゆのみの湯」まで徒歩で行ける!3日間入り放題券をセンターハウスで購入しよう!

「オートリゾート苫小牧アルテン」と同じ敷地内にあり同じ運営会社が経営する日帰り温泉施設「ゆのみの湯」まではキャンプ場から徒歩で行けます。「みずならサイト」からは徒歩2・3分で行けます。

「オートリゾート苫小牧アルテン」のセンターハウスに「ゆのみの湯」の入浴券が販売されております。なんとここでは「3日間入り放題券」というのが1枚600円で販売されております。

言ったら日付が入ったスタンプを押してもらいます。私は一泊二日のキャンプ利用でしたが、チェクインした日とチェックアウト後に入浴することを考えて購入致しました♪ 一回の利用代と変わりませんので、これは購入するべきでしょう。

ちなみにキャンプ場から「ゆのみの湯」まで夜は道沿いに街灯がありますので、安心安全に歩いて行くことができます。

休暇日がありますのでご注意ください。原則毎月第三水曜日が定休日となってます。

「ゆのみの湯」館内には食堂なども充実してます。さすがにお風呂の中まで撮影出来ませんでしたが、内風呂、泡風呂、露天風呂、サウナ、水風呂など日帰り入浴施設としては必要な設備はほぼ揃っております。

ちょっとしたBBQ後のおつまみになりそうなお土産物も売ってます。

あとは地元苫小牧樽前産の野菜も売られてます。せっかくなので地元産の食材を楽しむのも良いかもしれません。

向かいに広大な駐車場がありますので、車で行くことも可能ですが、一度ゲートを潜らなければいけませんので、その手間を考えますと、よっぽど天気が悪くないようでしたら徒歩で行くことをおすすめ致します。

その他「オートリゾート苫小牧アルテン」で気になること!

その他「オートリゾート苫小牧アルテン」で「これどうなのかな?」という細かいポイント、気になる点を下記にご紹介致します。

花火は指定の場所でのみ可能!

「オートリゾート苫小牧アルテン」は池や川遊びが出来る貴重なキャンプ場のためファミリーキャンパーが多く利用します。なので夜の楽しみの一つに「花火」があると思います。

 

焚き火は各サイトで実施可能ですが、「花火」は指定の場所でしか出来ません。センターハウス向かいの芝生広場の奥にある川にかかる橋を渡った向こう側が花火実施場所です。

橋を渡った先に「花火広場」があります。花火の残りカスを入れる缶も用意されております。

からまつサイトの奥側サイト(M・Lなど)からは「花火広場」まで少し距離があるため、お子様だけで行かせるのは大変危険です。必ず親御さん同伴で利用しましょう!

場内はめちゃ綺麗に舗装されており、キックボードやブレボー滑り放題!

さすが高規格キャンプ場だけあって、キャンプ場内の道路も綺麗に舗装されております。場内の道はほぼフラットのため、子供が大好きなキックボードやブレボーを滑るには最適な道路と言えます。

ただサイト数が多く、その分多くの車も通りますので使用の際には親御さんがしっかりと見守りましょう。

天気が良ければ満天の星空が見える!

「オートリゾート苫小牧アルテン」の場内の照明は必要最小限となっているため、夜はトイレなどに行く場合には必ず懐中電灯が必要なくらい暗いです。なので天気が良ければ満天の星空が見れます!

木々に囲まれたからまつサイトの木々の隙間からも多くの星を眺めることが出来ました♪ それもキャンプ場は自然に囲まれた空間のため、めちゃ綺麗です。非日常的な瞬間をファミリーや友人と楽しみましょう♪

焚き火は全サイトで可能!必ず焚き火ブロックやシートを使用しましょう!

焚き火は全サイトで実施可能です。ただ芝を炒める可能性があるので焚き火ブロックもしくは焚き火シートは必ず敷いて利用しましょう。

各サイトには「焚き火ブロック」が駐車スペース後ろに備え付けになってますので、こちらを利用しましょう。

「オートリゾート苫小牧アルテン」での焚き火は格別です。というのも場内の照明が必要最小限のため、「焚き火」がからまつの木々と絶妙にマッチングするからです。マナーを守って楽しいひとときを過ごしましょう♪

天気予報はハズレが多い?

「オートリゾート苫小牧アルテン」はそこまで山奥という場所ではありませんが、周囲が海と山に挟まれた場所のため、よっぽど降水確率が0%ではない限り、雨具は持っておいた方が無難でしょう。

私が利用した10月中旬でも、昼から雨予報だったのにテント撤収の9時前から雨が降り始めて予定が大きく崩れました・・

 

少しでも雨マークがある場合は、早めの備え(予定より早くテントを撤収するなど)が大事かと思います。天気予報をピンポイントにこまめにチェックしましょう↓

オートリゾート苫小牧アルテン 天気・施設情報 - tenki.jp
オートリゾート苫小牧アルテンの天気・施設情報を毎日更新!天気予報専門サイトだからどこよりも詳しくキャンプ場の天気情報をお届けします。

虫対策は万全に!

私が利用した10月中旬は雪虫が多く舞っていました。特にからまつサイトは木々に覆われているので、夏場の虫対策は必須です。

センターハウスの売店に虫除けスプレーが販売されておりましたが、虫除けスプレーの他に、蚊取り線香や肌が露出しない服装など、夏場の虫対策は万全に行きましょう。

スポンサーリンク

【オートリゾート苫小牧アルテン】体験レポート!通年営業キャンプ場の隅々まで徹底解説!まとめ

高規格キャンプ場の名の通り「オートリゾート苫小牧アルテン」は完璧なキャンプ場でした。

これだけ広大なキャンプ場なのに何一つ不自由、不便さがないのはホントにすごい! 特に私が利用した「からまつサイト」は北海道の他のキャンプ場にはない独特の落ち着きのある雰囲気を醸し出してます。

 

サイトの雰囲気もありながら、アクティビティも充実していることから老若男女楽しめるキャンプ場です。

 

通年利用できるそうなので、時間は冬に利用してみて「冬キャンプ」のレポートを追記したいと思います!乞うご期待ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました