車中泊専用マットはキャンプにも使える!

SNSフォローボタン
おすすめ!キャンプグッズ
スポンサーリンク

私は以前、東京に住んでおりましたが、青森の実家に帰省する際には片道750㎞を、途中宮城県のパーキングエリアで車中泊をしながら帰省しておりました。

 

今は子供たちが大きくなった為、車中泊が出来なくなってしまいましたが、その時に購入した「オンリースタイル」の車中泊用マットが今のファミリーキャンプに大いに役に立ってます!

 

ブログランキングに参加しております。こちら↓をポチして頂けると助かります!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

オンリースタイルの車中泊マットはこちら!↓

その時に使用していた車中泊マットはこのようにミニバンの2列目と3列目に敷くことで、広々快適に使用することが出来ました(^^)

親の寝床がないくらい子供たちの寝相が悪かったわけですが…( ;∀;)

それだけこの車中泊マットが快適に寝れるわけです!

スポンサーリンク

ファミリーキャンプにも使える! オンリースタイルの車中泊マット!

初めは車中泊で使っていた「オンリースタイル」の車中泊用マットですが、現在はキャンプでの使用がメインになっております。その設置が本当に楽なのです!
設置する時は両サイドにあるバルブを緩めるだけで、勝手に空気が入りますので、丸めていたマットを広げて、ただバルブを緩めるだけの、至ってシンプルな設置方法です。
このバルブをただ緩めるだけです(^^)
我が家は現在子供たちが大きくなってきたので、車中泊をすることはなくなりましたが、万が一車中泊をせざるを得ない状況、例えばファミリーキャンプ 最中に大雨で車で寝ざるを得ない時もあるかもしれません。そんな時にも役に立つのが車中泊マットです!

 実際にオンリースタイルの車中泊マットをキャンプに使ったら?

現在家族四人でファミリーキャンプを楽しんでおりますが、元々ミニバンで使っていたオンリースタイルの車中泊用マット2枚と、キャンプ用に購入したコールマンのマット2枚、合計4枚を使用中です♪

 

オンリースタイルのマットもコールマンのマットも2枚連結出来るので、実際に寝ていてもずれることはありません\(^o^)/
お一人様1枚で使う感じです♪

 

コールマンのインフレーターマットはこちら↓

オンリースタイルの車中泊マット 寝心地は?

元々車中泊マットで、車の座席の段差を解消する目的で作られているマットですので、マットの厚さは約5㎝と肉厚です! 地面がゴツゴツしていても、快適に寝ることが出来ます!

 

ファミリーキャンプは、このマットの良し悪しで、次の日の快適度が大幅に変わります!マットで寝心地が悪くなりますと、熟睡も出来ませんし、次の日もアクティブに動くことが出来ません。そんな快適度を上げてくれるのが、この「オンリースタイル」の車中泊マットなのです♪

 オンリースタイルの車中泊マット その大きさは?

肉厚ですので、空気を抜いても丸めても正直デカイです!( ´Д`)y
丸めるとこんな感じです。

寝袋たち、またコールマンのマット(2枚まとめて収納します)と比較しても、そのデカさが際立ちます。またコールマンのマット(2枚収納分)と比較しても重いです!(笑)またマット自体も硬くできている為、丸めて収納する時にもかなりの握力を使います。

 

しかしただデカイだけではありません。デカくて硬い分だけ快適に寝れます(笑)そのことを考えれば、この大きさと重さは気にはならないでしょう。

車中泊専用マットはキャンプにも応用できるのか?を検証! まとめ

寝心地次第で、ファミリーキャンプの快適度を大きく左右する車中泊マット。
上記でご紹介致しました「オンリースタイル」の車中泊マットですが、見た目は大きい、重い、収納が大変!なのは確かですが、それ以上のベネフィットをもたらしてくれます!
またコールマンのマットでも良いのでは?とも思われるかもしれませんが、いざ車中泊をしなければならない状況(大雨で避難)や、釣りが趣味の方は車中泊をされることもあるでしょう。
車中泊用マットは車のシートの段差をなくすように、肉厚で出来ていることと、歪みにくい構造のため、逆に歪みやすいコールマンのマットなどのキャンプ用マットは、車中泊には適しません。
ファミリーキャンプと車中泊、もしくは釣りを趣味とされている方には、一石二鳥な「オンリースタイル」の車中泊マットがぜひオススメです♪
オンリースタイルの車中泊マットはこちら!↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました