サブ3.5も狙えるランニングシューズ!ニューバランスHANZO(ハンゾ) Rを履いてみた!

SNSフォローボタン
おすすめ!ランニンググッズ
スポンサーリンク

2018年8月26日(日)に開催されました真夏の北海道のビッグイベント「北海道マラソン」!

フルマラソンど素人の私が、4回目にしてサブ3.5に近い3時間35分で走ることが出来ました\(^o^)/

 

ブログランキングに参加しております。こちらをポチして頂けると助かります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ

 

私のフルマラソン歴をご紹介致しますと、全て北海道マラソンでの記録となりますが、

 

2015年:4時間5分

2016年:3時間51分

2017年:3時間46分

2018年:3時間35分!

 

と毎年着実に自己ベストを更新出来ております。練習量は決して多いとはいえず、月間走行距離は毎年6月は150キロ、7月に200キロ近く、8月150キロという感じです。多少練習の質を変えているとはいえ、やはり自己ベストを更新したい!少しでもタイムを縮めたい!と思うなら、シューズ選びが最重要になって来るかと思います。

 

今回の北海道マラソンで選択したのは、ニューバランスの「HANZO R」というシューズです。このシューズのおかげで自己ベストを11分更新出来たと実感しております♪( ´▽`)

以前に書いた記事でもこの「HANZO R」をご紹介しておりますが、実際にフルマラソンを走った「HANZO R」の実体験の感想をご紹介致します!少しでもタイムを縮めたい方、ランニング初心者の方、これからフルマラソンを始めらる方にもご参考にして頂ければ幸いと存じます!

 

最近新しく発売された「HANZO R V2」を購入して、早速履いてみました!関連記事はこちら↓

ニューバランスHANZO(ハンゾ)R V2 レビュー!これでサブ3.5を狙おう!
サブ3.5〜3.0を目指すランナーへ!2018年12月に発売になったニューバランスHANZO(ハンゾ)R V2!前のモデルHANZO(ハンゾ)Rをこよなく愛する私ですが、新モデルと旧モデルとの違いについて実際に走って検証してみました!

 

ニューバランスのHANZOシリーズはこちらから確認頂けます!↓

スポンサーリンク

マラソンランナーを魅了する ニューバランス HANZO(ハンゾ) R とは?

『ニューバランス史上 最も軽い×最も反発』をキャッチフレーズにしている、勝つために効率よく高速走行できるのがNB HANZOシリーズです。

 

ニューバランス=ランニングシューズというイメージはつい最近まで全くなかったのが、皆様のご印象かと思います。しかし近年では、箱根駅伝三代目山の神こと神野大地選手や、初代山の神こと今井正人選手が履いていることで一躍その名を轟かせました。様々な雑誌やネットのランニング関連記事を見ていると、HANZOシリーズの評判はかなり高く、私も超気になっているシューズの一つでした(^^)

 

HANZOシリーズは全部で5種類のシューズがあり、

 

エリートランナー向けの『 S 』

シリアスランナー向け(サブ3~3.5)の『 R 』

日々のトレーニング向けの『 T 』

サブ4チャレンジャー向けの『 C 』

完走を目指すマラソンランナー向けの『 U 』

 

があり、サブ3.5あたりを目指していた私が購入したのが『HANZO R』でした。私は足の幅が少し広いので、通常サイズでは少し窮屈感がありました。HANZOシリーズでは幅がワイドな「2E」というバージョンも用意されておりますので、私はそちらを購入致しました。では実際に2018北海道マラソンで3時間35分で走ってくれた『HANZO R』の実履体験についてご紹介致します!

優れたクッション性! ニューバランス HANZO R

まずはそのクッション性に驚きました。通常のインナーソールでも十分なクッション性を保ってくれるのですが、今までのフルマラソン終盤に必ずふくらはぎに痛みが出た私は、更なるクッション性が得られるということで、オプションのインナーソールを購入致しました。

 

この踵部分の丸みを帯びた部分が、低反発となっており、足への負担を和らげてくれます。実際に2018北海道マラソンでは、終盤ふくらはぎへの痛みは全く出ませんでした\(^o^)/

終盤の踏ん張りに不安を抱えている方には、このインナーソールを追加で購入することをおすすめ致します!

 

適度な反発力! ニューバランス HANZO(ハンゾ) R

HANZO Rのソールは意外と厚いです。ネット等での口コミを見てみますと、ソールが薄いとの表現がありますが、サブ3.5を目指す方の軽量シューズにしては、他メーカーのシューズと比較しても、私はソールが厚いと感じました。

 

このソールが適度な反発力を招いてくれます。1キロ5分前後で走っているとそんなに飛び跳ねている実感はありませんが、スピードを出して走っていると、その軽量さからか気持ちよく飛び跳ねているような感じで走ることが出来ます♪ ラストスパートにも切れが出ます(笑)

素晴らしい耐久性! ニューバランス HANZO(ハンゾ) R

耐久性が高いとのことで知られる「HANZO シリーズ」ですが、私は7月の頭に購入し、7月200キロ、8月150キロ、そして北海道マラソンを走り、トータル約400キロ走行致しました。

 

購入当時一回履いた時の状態がこれです↓

側面と踵の白いソールの溝がまだ十分残っているのが、お判り頂けると思います。

 

北海道マラソン終了後の「HANZO R」の状態がこちらです↓

私の走り方のクセなのか?つま先と内側の側面の減りがあり、溝が無くなってしまっております。ただし黒黄色のグリップ部分の消耗は少なく、走っていてもグリップ力や反発力など落ちている感じはしません。400キロ走っても、まだまだ履けそうです!

適度なグリップ力! ニューバランス HANZO(ハンゾ) R

強くもなく、弱くもない?というのが「HANZO R」グリップ力の魅力です♪ この黒と黄色のトゲトゲが地面をグッと掴んでくれ、次の一歩を確実に踏み出してくれます。

 

特に今回の北海道マラソンは炎天下で行われる真夏のレースということもあり、給水ポイントが多くありました。北海道マラソンのようなビッグレースでは給水ポイントは「水たまり状態」で滑って転倒することもあります。今回そんな給水ポイントで「HANZO R」のグリップ力が威力を発揮してくれました。全く滑りませんでした\(^o^)/

 

靴ズレの心配はなし! ニューバランス HANZO(ハンゾ) R

正直今まで履いた他メーカーのシューズでは、フルマラソン後に必ずどこか靴ズレを起こし、水ぶくれが出来ました。「HANZO R」ではこれといった後遺症はありませんでした♪( ´▽`)

 

北海道マラソンは真夏の炎天下に行われる大会であることから「給水が命」でもあります。今回給水ポイントで水を足にかけまくった影響で、靴の中と靴下にまで水が染み込んでしまい、それが原因で靴ズレを起こしてしまいました。しかしこれからの秋から冬にかけての大会では、その心配はないと思いますので、今回の靴ズレは靴のせいではなく、水が原因と考えております。

 

水が影響により靴ズレは、レース中ほとんど気になりませんでした!私のラスト1キロの有志です( ̄∇ ̄) 大会でも「HANZO R」がおしゃれで目立つシューズだということがお判り頂けるかと思います♪

サブ3.5も狙えるランニングシューズ!ニューバランスHANZO(ハンゾ) Rを履いてみた! まとめ

見た目もおしゃれで、機能性とコスパに優れる「HANZO R」

実際に履いた感じも「靴を履いているのを忘れるくらいの軽さ」です!

 

『ランニング初心者の私にはそんな高性能なシューズは必要ない!』という方は、同じ『HANZOシリーズ』を購入されても良いかもしれません。

 

『初めてランニングを開始される方』

『これから初めてフルマラソンに挑戦する方』

『フルマラソンで少しでも記録を縮めたい方』

 

そんな肩に見た目もおしゃれなニューバランスの『HANZOシリーズ』をおすすめ致します!

ニューバランスのHANZOシリーズはこちらから確認頂けます!↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました