一泊二日と二泊三日キャンプのクーラーボックス事情!おすすめの使い分け方法とは?

スポンサーリンク
SNSフォローボタン
ファミキャン初心者ノウハウ
この記事は約8分で読めます。

キャンプ場のチェックイン時間は大概12時以降でチェックアウトも10時から11時というところが多くなっております。特にファミリーキャンプデビューされたばかりの方は、テントやタープの設営や料理の準備で時間がかかり、チェックインしたと思ったら、あっという間に次の日のチェックアウトを迎えたという経験をされた方は多いのではないでしょうか?

 

せっかくキャンプに行くのであればゆっくりしたいですよね!そこで我が家も近年三連休などの比較的長い休みの時を利用して「二泊三日」のキャンプをすることが多くなりました。二泊三日のキャンプとなると困るのが「食材の管理」です。我が家も四つあるクーラーボックスを四苦八苦しながら使い分け致しましたが、二泊三日となるとそう「食材の管理」がうまくいきません。

 

しかし最近二泊三日のキャンプに慣れてきたせいか、宿泊日数や季節に応じた「クーラーボックス」の使い分けのコツを掴んで参りました。そこで今回は「一泊二日と二泊三日の時のクーラーボックスの使い分け」について我が家のノウハウをご紹介致します

ブログランキングに参加してます!こちらをポチして下さると助かります!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ


一泊二日キャンプのクーラーボックス

我が家では基本食材は全て事前に購入してクーラーボックスに詰めていきます。ですのである程度保冷効果のあるクーラーボックスを活用しております。我が家が愛用しているのが「コールマンエクストリームクーラー」保冷効果が三日持つ28Lのクーラーボックスです♪

また昔から長年愛用しているのがホームセンターで購入した釣り用のクーラーボックス30Lです。こちらも一泊二日であれば十分なサイズと保冷効果です。この二つのクーラーボックスを使い分けてます。

このどちらかで一泊二日分の4人分の食材と飲料水を十分収納出来ます♪保冷剤もに大きめサイズのを二、三個入れておけば真夏でも十分持ちます。ただし釣り用のクーラーボックスは2Lペットボトルが縦に入りません。一方の「コールマンエクストリームクーラー」は2Lペットボトルが縦に入りますので、収納的にも保冷効果的にも「コールマンエクストリームクーラー」をおすすめ致します

二泊三日キャンプのクーラーボックス

さて一泊二日用のクーラーボックスは良いとして、問題なのが二泊三日用のクーラーボックスをどうするかです( ̄∇ ̄)上述の通り、ファミリーキャンプの1日はあっという間です。できればせっかくご家族との楽しいひと時を満喫するキャンプに行くのであれば、金曜日の夜に出発するか、それとも三連休を使って二泊三日の悠々自適なまったりとしたファミリーキャンプを楽しみたいですよね?!

 

そこで三年前から二泊三日キャンプを始めた我が家がたどり着いた「二泊三日のクーラーボックスの使い分け」について下記にご紹介致します♪

1日づつクーラーボックスを分ける

我が家では三つのクーラーボックスを使い分けてます。真ん中のコストコで購入した58Lのイグルーのクーラーボックスと、上記でご紹介した両サイドの28Lと30Lのクーラーボックスです。二泊三日の時には真ん中のドデカクーラーボックスで二泊三日分全部一まとめにするのか?それとも両サイドのクーラーボックスをそれぞれ1日づつにまとめてかで、使い分けるかをしてます。

二泊三日キャンプの時にクーラボックスを1日づつ、二つのクーラーボックスに分けるメリットとしては、

①コンパクトなので取り出しやすい! あれこれ探す必要がない!

②クーラーボックスがコンパクトなため、車への積み込みもしやすい!

などのメリットが有ります。特に二泊三日となると他の荷物もックなるため、車の荷台もパンパンになります。その時にクーラーボックスが巨大だと積み込みの時に非常に困ります( ̄∇ ̄) 下記の写真のようにクーラーボックスが二つだとちょっとしたスペースにも収納が可能、収納アレンジも巨大クーラーボックスよりも可能となるため、積み込みにも便利!というメリットが有ります

冷蔵冷凍とクーラーボックスを分ける

あとは冷蔵品と冷凍品をそれぞれのクーラーボックスに分けるという方法が有ります。我が家では冷蔵冷凍品を分ける場合、保冷効果が高い「コールマンエクストリームクーラー」を冷凍品専用のクーラーボックスにしてます。これなら保冷効果が丸々三日間持ちます!

コールマンのクーラーボックスには保冷効果が二日のものと三日のものが有りますのでご注意を!二泊三日以上のキャンプをされる方はこちらの「コールマンエクストリームクーラー」が断然おすすめです!二泊三日キャンプにコールマンエクストリームがおすすめな理由について少しご紹介致します!

蓋の上部がテーブルがわりになる!飲み物も二つ置けます。テーブルにするにもちょうど良い高さです♪

クーラーボックスの壁もそこまで厚くないので、収納もしやすいというのがメリットでもあります♪

蓋は側面より堅牢な感じが致します♪

蓋はそこそこの厚さがあるため、これが三日間という保冷効果をもたらしてくれるのかもしれませんね。蓋は少々硬めの締まりです。片手で開けることはほぼ不可能です( ̄∇ ̄)

あとは持ち運びが便利な取っ手が付いていて、子供たちや女性でも持ち運びがしやすいようになってます♪

取っ手の部分には滑り止めが付いていて、持ちやすいようになってます♪

非常にコスパの高いクーラーボックス!「コールマンのエクストリームクーラーボックス」!値段も安くてファミキャン初心者にも是非おすすめしたいクーラーボックスです\(^^)/

二泊三日分を容量の大きいクーラーボックス一つにぶち込む!

クーラーボックスを二つ購入するのが嫌だ!という方には二泊三日分の食材と飲料水を全てひとまとめにしてしまうという方法があります。我が家も二泊三日キャンプを始めた当初は「ひとまとめにしたい!」と思って、写真のイグルーの車輪付きクーラーボックス58Lを購入しました。一目見て、まずデカイです!家での置き場も正直困ります( ̄▽ ̄;)

デカさゆえに移動の際にはこのキャスターがすごく便利です♪

極太車輪も付いており、キャンプ場の悪路でも威力を発揮します♪

収納もご覧の通り、二泊三日分の四人分の食料と飲料水もへっちゃらの収納です♪

クーラーボックスを分けていちいち探すのが面倒!という方には二泊三日分の食料をひとまとめにできる巨大クーラーボックスがおすすめです! ただキャンプ以外の荷物の保管場所が非常に困ってしまうというデメリットも有りますので、購入の際には、自宅の保管場所スペースのことを考えて購入されると良いでしょう(^ ^)

いくら保温効果が高くても、保冷剤をしっかり入れないと冷凍品はすぐに溶けてしまいます。またドライアイスを入れたとしてもすぐに保冷効果が無くなったり、また何個も詰めすぎると逆に食材の入れるスペースが少なくなったりするというお悩みも有りますよね。

 

そこで我が家が活用しているコンパクトかつ効率的な保冷剤活用についてご紹介致します。まずはこれ!ロゴスの保冷剤「氷点下パック」です。その名の通り「氷点下パック」は-16℃の表面温度という驚異の保冷力を実現し、その保冷力持続時間は一般的保冷剤に比べて約8倍です。 釣った魚をそのまま凍らせられたり、アイスクリームなどの冷凍食品も持ち運べる驚異の保冷力とメーカー側も謳っております。市販されている保冷剤よりもかなり長持ち致しますので、二泊三日キャンプにおすすめしたい保冷剤です♪( ´▽`)

次にコンビニでも売っている「氷」です。これもかなり長持ちする上、そのまま飲料水やかき氷としても使えますので、とても便利! 値段も100円しませんので、コスパは高いと言えます\(^^)/

あと我が家イチオシなのがこれ!2Lのペットボトルの水です。これを水100mlを抜いた状態で凍らせて、保冷剤として使う方法です。満タンの状態で凍らせると破裂してしまう恐れがあるために100mlほどの水を抜きます。その水はまたペッドボトルに戻して使用します。

これが二泊三日の真夏キャンプでもかなり長持ちします!コールマンのエクストリームクーラボックスに入れると三日目、家に帰ってきてもこのようにまだ氷が残っている状態でした! 

真夏だとそのまま冷たい飲料水として使用できますので、まさに一石二鳥の保冷剤と言えます\(^^)/

一泊二日と二泊三日キャンプのクーラーボックス事情!どうするか?まとめ

我が家は上記でご紹介した、割と小型なクーラーボックスを二つ購入して使い分ける方法と、巨大クーラーボックスに一まとめにしてしまう方法についてご紹介致しました。

キャンプ当日にあれこれ探す手間と、車での収納と家での保管、さらには一泊二日と二泊三日でのキャンプの使い分けるをトータル的に考えた時に、「クーラボックスを二つ買うこと」を我が家としてはおすすめ致します! 我が家では今後もう一つ「コールマンエクストリームクーラーボックス」を購入して2つ使おうと考えております! ぜひ今回の記事を二泊三日キャンプのクーラーボックス使用の参考にして頂けますと幸いです♪( ´▽`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました