虹別オートキャンプ場体験レポート!道東を丸ごと体験できるキャンプ場を解説!

スポンサーリンク
SNSフォローボタン
キャンプ場レポ
この記事は約19分で読めます。

自然の形態が残るオートキャンプ場でキャンプがしたい!

子供たちを大自然の中の思いっきりで遊ばせたい!

道東観光スポットの拠点となるオートキャンプ場でキャンプがしたい!

 

そんなファミリー層向けのキャンプ場が道東の標茶町にある

「虹別オートキャンプ場」です\(^o^)/

2020年夏に念願の「虹別オートキャンプ場」を訪れた時のファミキャン 体験レポートをお伝え致します♪

 

細部に渡るまでメチャ細かく記載したつもりですので、ボリューム満天の体験レポートとなっております。目次を設定してますので、お目当ての項目をクリックください!

 

ブログランキングに参加してます!こちらをポチして下さると助かります!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

スポンサーリンク

「虹別オートキャンプ場」基本情報

「虹別オートキャンプ場」の基本情報です。

基本情報
住所 北海道川上郡標茶町字虹別690-32
営業期間 5月1日〜10月31日(通常)
予約電話
015-488-2550(9時~17時)
3月1日より電話予約開始(通常)FAXは5月1日から
施設利用料金 無し
ホームページ http://www.sip.or.jp/~nijibetu/
チェックイン テント:13時〜17時 バンガロー:14時〜17時
チェックアウト 〜11時
サイト料金
区分 サイト数 料金
コテージ (寝具(寝袋)・枕・シャワー・ドライヤー・水洗トイレ・冷蔵庫・オーブンレンジ・電器ポット・野外バーベキュー炉・テーブル・イス) 6,600円(5/1~6/30、9/1~10/31)
11,000円(7/1~8/31)6名以上の場合、追加1人につき1,100円
(8名まで追加可能)
バンガロー(普通自動車1台駐車可能
屋外電源付き)
3,300円
個別サイト(普通自動車1台駐車可能
屋外電源付き15A)
27 3,300円
パワーサイト(屋外電源付,上下水道有り
(カセットトイレの処理もできます)
4,400円
パーティーサイト(普通自動車4台駐車可能
屋外電源付き)
6,600円
フリーテントサイト 一般(高校生以上)380円
子供(小学生以上)220円

札幌市内から道東自動車道経由で阿寒ICまで行き、そこから下道で約5時間!まだ高速伸びたからマシかも・・

管理棟にて受付

スポンサーリンク

国道243号線から森の中へ入ると「虹別オートキャンプ場」の管理棟が見えて参ります。こちらで受付を行います♪ 超立派でお洒落な管理棟です♪

2020年コロナ禍では1グループ1名の受付です。コロナ対策もバッチリのキャンプ場です♪

入って正面が受付になります。

受付左側には暖炉とテーブル席があります。落ち着きのある雰囲気です。

受付でこちらの受付用紙に必要事項を記入致します♪

受付横には必要最小限のキャンプ用品が売ってます。売店はこれだけで食料品は売ってませんので、事前に買い込みは済ませておきましょう♪

管理棟の中にはキャンプ場内のジオラマがあります( ̄∇ ̄)

我が家が訪れた時には、標茶町の農協の方々が標茶町産の牛乳とチーズの無料配布を行ってました!夏休み中にはこんなイベントが開かれてます♪

キャンプ場内の案内図

虹別オートキャンプ場内の施設案内図です。自然の形状をそのまま残した野性味溢れるキャンプ場です♪なかなか周り甲斐のある広さです♪

我が家は「個別サイト14番」を指定しました。予約開始日の2ヶ月前ちょうどに予約しましたが「個別サイトで1番のおすすめ場所は?」と聞くと14番と言われまして、ここを予約致しました!詳細はサイト紹介で!

受付で「宿泊のお印」であるこちらのお印をもらって、テントにぶら下げます♪ 帰りに返却をを忘れなく!

虹別オートキャンプ場奥にある「シュワンベツ湖」は釣りのメッカです♪ 釣りだけで来られる方もいるくらいの人気スポットです♪

キャンプ場入り口にはゲートがありますが、夜22時で閉鎖されます。そんなに遅くまでやっている周辺施設もありませんが( ̄∇ ̄) 防犯面でも安心ですね♪

サイトのご紹介

虹別オートキャンプ場の各サイトについて、写真をふんだんに分かりやすくご紹介致します。

個別サイト(電源付きオートサイト)

電源付きのオートサイトです。

どのサイトも周りに木々や草が生い茂り、プライベート感満載です♪ お隣さんも全く気になりません♪こちらは我が家が予約した14番サイトです。

ツールームテント、そして我が家のようにテントとスクリーンタープを連結しても全然余裕のサイトの広さです♪

電源はこちらの支柱から引っ張ります。

真ん中の丸い部分をクルクルと回すと中から電源が姿を表します♪ コードがついてますが50センチくらいしか伸ばせません。延長コードは必須です。

電源付きと言っても15Aしかありませんので、ほぼ使い物になりません( ̄∇ ̄) 受付時に下記の物は使えませんと説明があります。携帯の充電だけと言っても良いでしょう( ̄∇ ̄)

個別オートサイトと言っても27サイトもあり、それぞれ姿・形が微妙に異なりなります。こちらは我が家のお隣サイトの16番サイトです。サイト内に二本の木がはいてます。

こちらは13番サイト。白樺の細い木が一本はいてます。

なんと言っても虹別オートキャンプ場は芝生の状態が完璧に良いです!インフレーターマットがいらないくらいのフカフカさです♪

この芝の状態を維持できているのが、BBQや焚火の際にこちらの木の板で芝生を守っているからです。

虹別オートキャンプ場ではBBQや焚火、暑い鍋などを直で置くことを禁じております。これも受付時に説明があります。

木の板はサイトの横にぶら下がってますので、こちらを使用しましょう♪

ちなみに予約時に個別サイト14番をおすすめされた理由は、

 

①トイレと炊事場が程よく近い(明るさいとうるささがない)②片方の隣がいない③裏がシュワンベツ湖④サイト内に木がなくフラット、芝の状態も良い、などです♪ 確かに静かに過ごすことが出来ました♪

パワーサイト(キャンピングカーサイト)

スポンサーリンク

パワーサイト、通称キャンピングカーサイトです。右側がパワーサイト、左側は個別サイトになります。

パワーサイトと個別サイトの違いは、

 

①サイトが少々広い②電源が2口ある③上下水道がある(炊事場ではありません)④キャンピングカを横付けできる(乗用車だと2台停められる)、ことです。

キャンプングカー対応の電源ですので、個別サイト15Aよりはアンペア数が高いかもしれません。予約時に確認しましょう。

周りも木々で覆われてますので、個別サイト同様にプライベートが確保出来ます♪しかし裏がフリーテントサイトのため、夜は結構賑やかかもしれません( ̄∇ ̄)

パーティーサイト(グループキャンプオートサイト)

パーティーサイト、俗にゆうグループキャンプ向けのオートサイトです♪ 我が家が訪れた時には常にサイトが埋めっておりましたので、残念ながら入り口付近の写真のみです( ̄∇ ̄)

車が4台停めまれますので、テントも4つ張って更にはタープも設置できる広さです。サイトの周りは木々に覆われており、個別サイトよりもプライベート感が強いサイトになります♪

フリーサイト

管理棟のすぐ裏手がフリーサイトになります。

フリーサイトの横に駐車スペースがあり、割と荷物の出し入れは楽かと思います♪

駐車場横にはリアカーがありますので、これで一気に荷物を運んじゃいましょう♪

フリーサイトも個別サイト同様に芝の状態が物凄く良いです♪ 所々木々も生い茂って自然感を堪能出来ます♪

トイレは管理棟、炊事場もすぐ近くなので子連れでも安心です♪ コロナ禍ではサイトの制限を行ってました。なので各テントの感覚はそれなりに空いておりました。

バンガロー(電源付き)

簡素な作りなのがバンガローです♪ バンガローの広さは2畳ほど、中に電源ライトはありますが、電源は外の支柱から引っ張ってこなければなりません。延長コードは必須です。

車とタープを設置するとこんな感じです。電源を支柱からバンガロー内に引っ張ってます( ̄∇ ̄)

バンガローから炊事場へのアクセスは抜群に良いです。道路挟んですぐ向かいです♪

バンガロー内部の詳細についてはホームページのこちらをご覧ください!

http://www.sip.or.jp/~nijibetu/charge/bungalow-pic.pdf

コテージ

森の中に佇む、まるで別荘地のような作りなのが「コテージ」です♪管理棟横から奥に入ると4棟並んでます。

車二台がラクラク駐車出来てしまうスペースです♪

これだけ立派な作り、かつ充実装備で閑散期6,600円、繁忙期11,000円でも安過ぎなくらいです。少し奥まった場所にあるので、めちゃめちゃ静かです♪

コテージ 内部の詳細についてはホームページのこちらをご覧ください!

http://www.sip.or.jp/~nijibetu/charge/cottage-pic.pdf

炊事場・トイレ・バーベキューハウス

スポンサーリンク

キャンプ場内には炊事場が二箇所あります。こちらは管理棟近くの炊事場です♪ 炊事場もお洒落な作りです♪

各炊事場の横には墨捨て場があります。

こちらはバンガロー向かいの炊事場です。炊事場も木々に囲まれ、落ち着いた雰囲気を醸し出しております♪

炊事場はめちゃくちゃキレイです!ライトの明るさもちょうど良く、夜でも見にくいということはありません。蛇口も多いので混雑することもありませんでした。

続きましてトイレです。トイレは二箇所あります。こちらのシュワンベツ湖側と管理棟の二箇所です。トイレもお洒落な佇まいです♪

トイレ入り口には消毒剤が設置されており、コロナ対策も万全です♪

こちらはシュワンベツ湖側の男子トイレ♪

当ブログ恒例の洋式トイレチェック! シュワンベツ湖側トイレの洋式トイレは残念ながらウォッシュレットではありません(涙) でもこの非日常がキャンプの醍醐味でもあります( ̄∇ ̄)

手洗い場もめちゃくちゃキレイです♪ お子ちゃまように高さの低い手洗い場もあります♪

そしてもう一箇所のトイレは管理棟内にあります。フリーテントやパーティーサイト、パワーサイトご利用の方はこちらの方が近いでしょう。夜間は正面から入れませんので、横の夜間用出入口から入りましょう。

なんと!!管理棟の洋式トイレはウォッシュレットです!!(笑) 痔持ちの方はこちらまで来て用を足しましょう(笑)

管理棟のトイレも手洗い場にお子ちゃま用手洗い場があり、子連れに配慮された作りがGoodです♪

パーティーサイト手前には立派な作りのバーベキューハウスがあります♪

大人数が利用できる作りです♪ 団体のキャンパーが使用するのでしょうか??( ̄∇ ̄) こちらも他同様めちゃくちゃキレイです♪

芝生広場(アスレチック遊具)

アクティビティが充実しているのも「虹別オートキャンプ場」の大きな魅力の一つです♪ アスレチック遊具がある「芝生広場」に行ってみました♪ フリーサイトのすぐ横が「芝生広場」です。

芝生広場という名の通り、広大な芝生が広がっております!

芝日広場内にはドッグランもあります。ペット連れ込み可の「虹別オートキャンプ場」ではキャンプ場内で犬の散歩を楽しんでいる方が多くいらっしゃいました♪

こちらがアスレチック遊具です。

小さなお子様でも十分遊べちゃう遊具です。

ただし残念なことに長〜い滑り台がある側のアスレチック遊具は老朽化により黄色テープが貼られて立ち入りが出来なくなっておりました( ̄∇ ̄) 残念!!

アスレチック遊具川から芝生広場を眺めます。めちゃくちゃ広い!! ここがフリーテントサイトだったら、夜の星空とかメチャキレイなんだろうな〜と妄想が膨らんでしまいます( ̄∇ ̄)

シュワンベツダム湖・遊歩道

我が家が予約した「個別サイト14番」のすぐ横にはシュワンベツダム湖に通じる遊歩道があります。

この道を進むと展望台があるのですが、こちらもアスレチック遊具同様に老朽化により立ち入り出来なくなってました( ̄∇ ̄)

ただその横からはキレイな湖畔を優雅に眺めることが出来ます♪

更にトイレ横の遊歩道からもシュワンベツダムへ通じる遊歩道があります♪

そこを進むと少し開けた場所に出ます。

ここからも優雅にシュワンベツダム湖を眺めることが出来ます。湖畔に入って釣りを楽しんでいる人もいました♪

更に奥に進むとダムがあります。

ダムの上からの眺めです♪

ダムの上からシュワンベツダム湖を眺めます♪ とても穏やかな湖で癒されます♪

ダムの下に行ってみました♪ 勢いよく水が流れてます。このダムの水が流れる音がテントサイトまで聞こえてきます♪

ダムの奥には小川が流れてます。川のせせらぎに癒されます♪

ダムの横にはダムとキャンプ場の歴史のあゆみについての看板があり、社会科見学に最適です♪

シュワンベツダム湖はニジマスやヤマメが釣れるそうですが、釣った魚は保護のためダムに返すように看板が設置されております。釣った魚は戻しましょう!

ちなみにシュワンベツダム湖では水遊びは出来ません( ̄∇ ̄) 小川で水遊びが出来る場所があれば、子連れにとって完璧なキャンプ場となるでしょう♪

ゴミの分別

スポンサーリンク

ゴミは三種類の分別が必要です。受付時に三種類のゴミ袋を購入出来ます。200円で購入出来ます。 燃えるゴミ、生ゴミ、カン・ビンゴミの三種類です。ペッドボトルは「燃えるゴミ」に分類します。

各ゴミ袋の大きさですが、結構な大きさのゴミ袋です。我が家は二泊三日でキャンプ場を利用しましたが、それでも余裕のある大きさでした。

ゴミステーションは管理棟横にあります。帰り際に車で横付け出来るようになってます。

三種類の色別に判るように識別されてます。

コインランドリー・シャワーブース(管理棟内にあり)

虹別オートキャンプ場にはコインランドリーとシャワーブースが併設されてます♪ そして裏口横には自動販売機もあります。料金もリーズナブルな設定です。

入ってすぐ右側に洗濯機と乾燥機がそれぞれ2台づつ設置されてます。洗濯機1回200円、乾燥機1回100円です。

そして管理棟内のトイレに入ってすぐ横にシャワーブースも二箇所あります。1回100円です。

「虹別オートキャンプ場」周辺のスーパーは?

キャンプ場内には上述の通り、必要最小限のキャンプ用品しか販売されておりません。事前に買い物をしてからキャンプ場に向かいましょう。

 

それでも足りなくなった時にために「虹別オートキャンプ場」周辺の買い物スポットをご紹介致します♪

セブンイレブン(虹別・西春別)

キャンプ場から一番近いのが虹別町内にあるセブンイレブンです。車で5分で行けます。あとは西春別にもセブンイレブンがあります。こちらは車で10分ほどの距離です。

中標津「東武サウスヒルズ」・ホーマック

食材なら何でも揃うのが中標津町内にある「東武サウスヒルズ」です。とにかく広大です! コストコの製品も幅広く扱っており、釧路や北見からも買い物客が訪れる人気買い物スポットです♪

虹別オートキャンプ場からも車で30分ほどの場所です♪

そしてキャンプ用品が足りなくなったら同じく中標津町内にある「ホーマック」です。「東部サウスヒルズ」と同じ通り沿いに面してて、アクセスも便利です。

「東武サウスヒルズ」からも車で10分かからずに行けます♪

近場の温泉施設

「虹別オートキャンプ場」の近場温泉施設をご紹介致します♪ 2箇所とも私が直接訪れたことがある先です。

別海町「クローバーハウス西春別温泉」

虹別オートキャンプ場から一番近いの入浴施設が「クローバーハウス西春別温泉」です。お湯が黒い「モール温泉」です♪

料金は大人450円、6歳以上140円、6歳未満70円です。

受付横に貴重品ロッカーがありますので、お財布やスマホなどはここに入れていきましょう。

内風呂、水風呂、サウナ、露天風呂全て揃ってますが、すごくコンパクトです( ̄∇ ̄) 蛇口から出るお湯は温泉を使用しているせいか、硫黄臭がします。

 

この匂いが苦手な方は、次にご紹介する中標津町の「トーヨーグランドホテル」に行かれることをおすすめ致します( ̄∇ ̄)

虹別オートキャンプ場からも国道243合線を一直線で、信号も1箇所しかありませんので、10分かからずに行けちゃいます♪

中標津「トーヨーグランドホテル」

スポンサーリンク

内風呂、水風呂、露天風呂、サウナ、一通り揃っており、各設備ともそれなりに広いのが「トーヨーグランドホテル」にある日帰りに入浴です。

写真:露天風呂

※出典:トーヨーグランドホテルホームページより抜粋 https://www.toyo-hotel.jp/hotspa/

 

料金は大人550円、3歳から小学生までは250円です。私はビジネスで「トーヨーグランドホテル」を利用したことがありますが、ここの温泉は少し温度が熱めです( ̄∇ ̄)

 

ただし硫黄臭は全くしませんので、自宅のお風呂に入ったような感じがするのはこちらかと思います。下記写真は露天風呂から知床方面を眺めた風景です♪ 露天風呂からの眺めも非常に良いです♪

虹別オートキャンプ場からは車で40分かからずに行けちゃいます♪

周辺のおすすめ観光スポット!

虹別オートキャンプ場周辺には、北海道を思いっきり体感できる観光スポットや、子連れファミリーにおすすめの観光スポットがあります。

実際に小学校の子供二人が居る我が家が実際に訪れたスポットをご紹介致します♪

中標津町「開陽台」

地球がぐるっと見渡すことができるのが中標津町にある「開陽台」です♪

天気が良いと北方領土まで見渡せます♪ こちらの写真は阿寒方面の写真です。「北海道はでっかいどう!」を体感できる絶景観光スポットです♪

虹別オートキャンプ場からも車で35分で行けてしまうアクセス抜群の絶景観光スポットです♪

弟子屈町「摩周湖」

北海道を代表する絶景観光スポットが「摩周湖」です。

天気が良いと山々が湖畔に反射する絶景が堪能出来ます♪

この光景にしばらく癒されてました♪( ´▽`) 何時間でも見ていられる絶景です!

こちらも虹別オートキャンプ場からは車で40分かからずに行けちゃいます♪ 天気が良い時にいは必ず行っておきたい絶景観光スポットです♪

弟子屈町「900草原」

弟子屈町にある「900草原」こちらも「北海道はでっかいどう!」を体感できる絶景観光スポットです♪

中標津の「開陽台」同様に見渡す限りの大パノラマが堪能出来ます♪

同じく弟子屈町にある「摩周湖」に行かれるのならセットで行くと良いでしょう♪

標津町「サーモン科学館」

子連れファミリーに超絶おすすめなのが標津町にある「サーモン科学館」です。幼稚園児から小学生まで超絶楽しめるココは絶対に行って損のない施設です!

料金は大人650円、小中学生200円とリーズナブルです。9時半から開館しているのもGoodです♪

入場料は各種電子マネーでの支払いが可能です。とても今風です♪( ´▽`)

まずは子供たち大好きなドクターフィッシュです。これだけでも子供たちテンション上がります♪

サーモン科学館内にはオホーツク海や裏を流れる標津川に生息する魚たちが大水槽で見ることが出来ます♪

そして幻の魚「イトウ」もおります。「あつもり」でも登場する魚に子供たちも大興奮です!

魚に餌を上げることも出来ます。

1カプセル100円です。

あとは「サーモン科学館」に来た最大の目的がこれ!!「チョウザメに手を食べられる体験」です( ̄∇ ̄)

 

私も手を食べられられましたが、ヌルッとした何とも奇妙な体験でした( ̄∇ ̄) 子供も大人もこれにも大興奮!!

サーモン科学館外にもチョウザメの水槽があります。ここにはこの世のものとは思えない大きさのチョウザメが飼育されてます( ̄∇ ̄) 絶対に見るべし!

またサーモン科学館横には鯉が放飼されている池があり、アヒルもおります。鯉とアヒルにも餌を上げることが出来ます♪

餌は黄色のボックスに売ってます。こちらも1カプセル100円です。

さらにさらにサーモン科学館向かいには広大な芝生広場と巨大な遊具があります。

虹別オートキャンプ場のアスレチック遊具が壊れていたので、ここの遊具で思う存分子供たちを遊ばせます♪

滑り台もロング滑り台が2機あります♪

アスレチック遊具からの眺めです。広大さが良くわかります♪

サーモン科学館とアスレチック遊具だけで半日ここで過ごすことが出来ます♪ 子連れに超絶おすすめのお遊びスポットです♪

郷土料理「武田」

スポンサーリンク

子供たちがサーモン博物館行った帰りに「サーモン食べたくなっちゃった・・」と言うもんだから、海鮮丼が食べられるお店にいきました。サーモン博物館から車で3分ほどの国道沿いにあるのが「郷土料理武田」さんです。

子供たちはサーモンの刺身といくら丼、私と妻は「しべつ鮭三代漬け丼」と標津産の「さけ丼ぶり」を頂きました!

こちらが「しべつ鮭三代漬け丼」♪ 帆立の汁物を190円プラス料金で頂きます♪

こちらは「さけ丼ぶり」♪ どちらもお値段以上の美味しさです♪

こちらの支払いも「サーモン博物館」同様に各種電子マネーが使えます♪ 今風です♪( ´▽`)

鮭の街で鮭を堪能できるのが「郷土料理武田」さんです♪ サーモン博物館の帰り道に寄ってみてははいかがでしょうか??

その他「虹別オートキャンプ場」で気になったこと

虹別オートキャンプ場を訪れた際に、その他気になったことを記載致します♪

気になる虫対策は?

キャンプといえば虫対策! そう言っても過言ではないくらいにキャンプに虫は付き物です。大自然が相手のキャンプの中でも特に「虹別オートキャンプ場」は木々や草が生い茂ったキャンプ場です。

 

テントサイトの横を見渡せば青々とした森林と草が広がっております。なので虫はたくさんおります( ̄∇ ̄)

昆虫採取はもちろんのこと、天敵の蚊もたくさん生息しておりますので、虫対策は万全に用意していきましょう!

我が家の虫対策をブログに記載してます♪ご参考にして頂けますと幸いです♪

キャンプでの防虫対策!様々な防虫対策グッズを検証!
ファミリーキャンプ での虫は避けて通れません。虫が苦手でキャンプに踏み切れないという方も多いと思います。しかし防虫対策をしっかりすることでファミリーキャンプが楽しく快適なものになります♪ 私の経験に基づいて防虫対策についてご紹介致します!

夏場の寒暖差は?

北海道の中でも道東は「寒い」と言うイメージです。しかし「虹別オートキャンプ場」がある標茶町は内陸にあるため、夏場は思いっきり気温が上昇致します。

 

しかし夜はそこそこ冷え込みます。8月上旬に我が家が訪れた時には最低気温が14度まで下がりました。

個別サイトの電源も15Aしか使用出来ないため、電気毛布やセラミックファンヒーターを使用することが出来ません。そのため夏場でもフリースなどの暖かい上着を1枚持っていくと良いでしょう。

夜の暗さは?

自然に近い形に配慮した「虹別オートキャンプ場」は、外灯がほとんどありません。なので夜は周辺が真っ暗になります。

トイレや炊事場にいく時には懐中電灯がないと道が全く見えませんので、子供たちの安全のために懐中電灯を多めに持っていくことをおすすめ致します!

沢山の動物たちに出会えます!

キャンプ場周辺には北海道の他の地域では出会えない沢山の動物を間近に見ることが出来ます。その代表格が「エゾシカ」です。

 

下記の写真はキャンプ場近くの草原で見かけたオスの「エゾシカ」です。こちらを睨みつけてます(笑)ただ「エゾシカ」は草食動物ですので人間を襲ってくることはありませんのでご安心を!

また道東にしか生息しない「タンチョウ鶴」も見ることが出来ます。運良く見れば良いくらいに思っておりましたが、我が家が虹別に滞在した二泊三日で10回以上見ることが出来ました♪ ご利益ありそうです♪

虹別オートキャンプ場体験レポート!道東を丸ごと体験できるキャンプ場を解説!まとめ

キャンプ場内でゆっくり過ごすのもOK、道東観光の拠点としてのキャンプもOKな「虹別オートキャンプ場」

とにかく芝の手入れが今まで我が家が行ったキャンプ場では1番ではないかと思います♪ また共有施設もとても清掃が行き届いており、コロナ対策も万全!

 

大自然の形を思いっきり残した自然豊かな「虹別オートキャンプ場」!大人から子連れファミリーキャンパーまで幅広い世代におすすめのキャンプ場です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました