新型デリカのルームランプとライセンスランプをLEDに変更!取り付けレビュー!

スポンサーリンク
SNSフォローボタン
新型デリカD5
この記事は約9分で読めます。

新型デリカのルームランプやライセンスランプって正面のイカツイギラギラしたフェイスとは裏腹に暗くありませんか?

 

夜室内で作業するにも純正のランプだと暗すぎますし、フェイスはLEDでギラついているのにお尻は純正の安っぽい暗いライセンスランプって・・・違和感ありありでしたのでこの度全てユアーズ社の「LEDランプ」に変更致しました!

新型デリカユーザーにはぜひおすすめしたい内容なので、LEDランプ変更・取り付けをレビュー致します。

ブログランキングに参加してます!こちらをポチして下さると助かります!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

スポンサーリンク

ユアーズ社の「LEDランプ」がおすすめ!コスパ高し!

デリカのルームランプやライセンスランプなどの「ランプ類」を、純正の暗いランプから明るいLEDに変更したい場合、やはり気になるには値段と取り付けやすさです。

 

そこでコスパが高く取り付けやすさ抜群のLEDランプが「ユアーズ社」のLEDランプです。今回純正ランプから変更したのは①ルームランプ②運転席と助手席のドアカーテンランプ③ナンバープレートのライセンスランプです。

お値段はそれぞれ、

①ルームランプセット(運転席・助手席・セカンドシート・サードシート)4,280円(税込)

②ドアカーテン(運転席・助手席)700円(税込)

③ライセンスランプ 3,580円(税込)

です。トータル8,560円です。決して安くはありませんが、変更するだけの価値は十分にある明るさです。

 

それぞれのLEDランプ変更箇所についてはユアーズ社の動画で解説されてます。

デリカ D:5 (H31年2月以降)クリーンディーゼル車 専用 LEDルームランプセット / オートショップユアーズ
↓↓オートショップユアーズのチャンネル登録をお願いします↓↓お買い求めは…楽天市場(楽天ポイント貯まる)

 

しかし変更したい箇所だけ見たい方のために、デリカユーザーである私が自身の取り付けを写真付きでレビューして参ります。

 

フロントとセカンド・サードシートのLEDランプが一式

スポンサーリンク

まずはフロント・セカンド・サードシートのルームランプの取り付けについてレビューして参ります。

ユアーズのLEDランプセットには右端の工具(溝の差し込む工具)が付属されているので、メカに詳しくない私でもとても効率良く作業が出来ます♪

 

まずはフロントの運転席と助手席の真ん中にあるランプを交換して参ります。その前に社内の部品を痛めないように工具の先っぽにセロハンテープやマスキングテープを取り付けると良いでしょう♪

フロントランプ交換

左右に溝があるのがお分かり頂けると思います。そこに工具を突っ込んでクイっとするだけで簡単にレンズカバーが外れます。

このレンズカバーを外すと、

すると純正のランプが現れます。

そこにフロント用のルームランプを取り付けます。

突起部分をランプのソケットに取り付けます。その時に差し込みの左右が逆だと点灯しませんので、必ず点灯確認を行いましょう。

裏には発泡スチロールと両面テープがついてます。両面テープを剥がしてグイッと装着します。結構強めに押し込んでも構いません。すると固定します。

それと1点重要な点ですが、ユアーズ社のLEDランプは光量の調整が三段階で出来ます。真ん中のした部分に黒いスイッチのようなものがありますが、これを左右にスライドすると三段階で光量調整が可能です。

私は真ん中の明るさにしました。真ん中でも十分な光量です。

これを運転席側と助手席側、同じ作業を行います。

セカンドシートランプ交換

続いてセカンドシートの左右上にある純正ランプをLEDに交換して参ります。

フロント同様、セカンドシートランプも工具を使って取り外します。左上にある溝をクイッとするだけで簡単に取り外せます♪

すると純正ランプが現れます。

純正ランプが取り付けられていたソケットにLEDの接続部分を取り付けます。

取り付ける時にはフロント同様、必ず点灯確認をしてください。取り付けが左右逆だと点灯しません。

フロント同様に裏の両面テープ保護シールを剥がしてグイッと取り付けます。

フロントよりも凸凹が少ないので、しっくりと装着出来ます。フロント同様に左上にある光量調整スイッチで光量が調整出来ます。私はフロント同様に真ん中の光量にしました。

眩い青白い光が室内を煌々と照らしてくれます♪

サードシートランプ交換

続いてサードシートの純正ランプをLEDに変更致します。サードランプは頭上の真ん中1箇所のみです。

う〜ん・・純正は暗い。。

サードシートランプも工具を使って取り外します。真ん中の溝をクイッとするだけで簡単に取り外し出来ます♪

純正ランプを取り外して、セカンド同様にソケットに接続部分を装着致します。

サードシートランプには真ん中に溝があります。ここにコードをまとめて引っ込めるのがコツです。フロント・セカンドシートランプ同様に必ず点灯確認を行いましょう♪

フロント・セカンドシートランプ同様に裏面両面テープ保護シートを剥がしてクイッと押し込みます。

セカンドシートランプ同様にフロントよりもしっくりと取り付けが可能です♪ サードシートランプももちろん光量調整が可能です。

 

ドアカーテンランプもLEDに変更

スポンサーリンク

続いてドアカーテンランプを交換致します。ドアカーテンとは運転席と助手席のドア下にあるドアを開閉した時に光るランプのことです。これです↓

新型デリカのギラついた顔とは裏腹になんとも残念な光です( ´Д`)y━

これも工具を使ってレンズカバーを取り外します。真ん中の溝を工具でクイッとするだけで簡単に取り外せます♪

こちらがユアーズ社のLEDドアカーテンランプです。

純正ランプとLEDランプを比べます。LEDの数だけ光量が全く違います!

交換後のドアカーテン光量ですが、昼まではあまりその明るさが分かりにくいですが、

夜になるとその明るさの違いが良く分かります♪ 夜の足元を照らしてくれるLEDライトの明るさはかなり重宝します♪

700円でこの光量が得られるのであれば、絶対に交換することをおすすめ致します!

 

ライセンスナンバーをLEDに変更

最後にギラついたフェイスとは裏腹な貧祖な純正ライセンスナンバーをLEDに変更致します。これがユアーズの動画や、付属の取り付け説明書を見ると簡単に装着出来そうなのですが、一番苦戦致しました(T-T) 

動画やトリセツを見るとこれが簡単に取り外せそうなのですが・・

一筋縄では行きません!(T-T) 動画やトリセツで見るようなとてもとても人差し指で取れる代物ではありません・・コツとしては二本指で思いっきり上にあげるように左に押し混むことです。

5分間やり続けてようやく片っぽ取り外すことが出来ました・・ しかも取れてからこの狭い隙間を抜くのにも時間が必要です。ぐいぐいやりながら根気よく行いましょう♪

ソケットを外します。

次にカバーを外します。手前の溝を工具でクイッとすると簡単に取れます。

カバーを取ると純正レンズが現れます。

ソケット部分にLEDランプの接続部分を装着します。ライセンスLEDランプはルームランプのように光量の調整は出来ません。

ソケットに差し込みます。その時に必ず点灯確認をしてください。ソケットに差し込む時に向きが逆だと点灯しません。

点灯確認を行ったら、レンズカバーにLEDランプを両面テープでくっ付けます。

両面テープの保護シールを剥がしてレンズカバーの奥にグイッと押しこみます。

裏から見るとこんな感じで、LEDランプ部分がレンズカバーと面した形となります。

レンズカバーを戻す前に、もう一度点灯確認を行いましょう♪

ライセンスランプを戻す時もこの狭い隙間に入れるのに一苦労致します( ´Д`)y━

でも努力の粘りの甲斐あり、夜に点灯すると青白い閃光が煌々とナンバーを照らしてくれます♪これでフロントのギラギラ感と同一感が出ました♪

 

新型デリカのルームランプとライセンスランプをLEDに変更!取り付けレビュー!まとめ

スポンサーリンク

旧型デリカの時にもルームランプをLEDに変更致しましたが、車中泊の時や夜に車中で作業したい時にはその明るさに重宝致しました♪ まるでお部屋にいるような明るさを実現してくれます。

そして何よりもユアーズ社のLEDランプは値段もリーズナブルな上に、取り付けも説明書や動画解説があり分かりやすい! 光量が調整出来る点もGOODです♪

 

そしてドアカーテンランプも夜の乗車下車時に足元がクリアに見えて、すごく良い! ライセンスランプもフロント同様にギラつき感が増しました♪

 

明るさに加えてランプの寿命も考慮すると、LEDランプへの変更は大いにメリットありかと思います。デリカ好きにはその充実感が伝わるかと思います♪ ぜひコスパも高い「ユアーズ社」のLEDランプをお試しください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました