2021年【古山貯水池自然公園オートキャンプ場】体験レポート!まき割り体験ができるキャンプ場を徹底解説!

SNSフォローボタン
【実体験】北海道キャンプ場レポート
この記事は約19分で読めます。

大人も子供も一緒になって大自然を生かした遊びがしたい!

池や湖が近くにある場所でキャンプがしたい!

まき割りができて焚き火を楽しみたい!

 

そんなニーズを満たしてくれて、ソロでもファミリーでも幅広い層が楽しめるのが

古山貯水池自然公園オートキャンプ場」です!

古山貯水池?なんて読むの??「ふるさんちょすいち」と読みます。簡単な漢字ですけど読み方わからないですよね。北海道でも馴染みのない地名ですが、ここのキャンプ場はあらゆる所が他のオートキャンプ場と一線を画します。

 

詳しくは後ほど超具体的にご紹介致しますが、古山貯水池自然公園オートキャンプ場が有名なのは、まき割り体験が出来て、さらにその薪代がタダということです。

そんな「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」に自身二度目のソロキャンに行って参りました。

 

ソロキャンでもファミリーキャンプでも幅広い層に楽しめるキャンプ場の体験レポートをお伝え致します。ちなみに今回はいつもの「デリカD:5」ではなくセカンドカーの「エクストレイル」での出陣です。

 

ぜひ「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」にキャンプ計画をされている方の参考になりましたら幸いです。

ブログランキングに参加してます!こちらをポチして下さると助かります!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

どこよりも詳しくご紹介したつもり?ですので、項目が多くなっております。目次をクリックしますと確認したいポイントに飛びます↓

スポンサーリンク
  1. 【基本情報】古山貯水池自然公園オートキャンプ場
  2. 【事前買い出し】長沼町内のスーパーやコンビニで買い物が可能
    1. A-COOPながぬま店
    2. セブンイレブン長沼町店
    3. 【おまけ】あいチュらんど ソフトクリームはここで!
  3. 【キャンプ場入り口】ちょっと分かりにくいがナビがしっかりと誘導
  4. 【チェックイン】管理棟受付はシンプルなプレハブ小屋
  5. 【サイトのご紹介】ペット可はオートサイトとフリーテントサイトB
    1. オートサイト(電源なし)19区画 ※ペット可
    2. キャンピングカーサイト(電源なし)2区画 ※ペット可
    3. フリーサイトA 15組 ※ペット不可
    4. フリーサイトB 30組 ※ペット可
  6. 【炊事場】カーサイト側はお湯が出て洗濯機もある
  7. 【トイレ】オートサイト側はウォッシュレット♪
  8. 【まき割り体験】まき割り放題!薪代もタダ!
  9. 【ドッグラン】フリーテントサイトB手前にあります
  10. 【遊歩道で大自然を堪能】貯水池手前まで降りて行けます
  11. 【入浴はユン二の湯へ】受付で割引券が購入できます
  12. 【その他】古山貯水池自然公園オートキャンプ場に行く前にチェックすること
    1. ゴミは持ち帰り
    2. 街灯が結構明るい
    3. 上空には頻繁に飛行機が通過 ジェット音がうるさい
    4. 天気は予報通り 山の中だからと言ってコロコロ天気は変わらない
  13. 2021年【古山貯水池自然公園オートキャンプ場】体験レポート!まき割り体験ができるキャンプ場を徹底解説! まとめ

【基本情報】古山貯水池自然公園オートキャンプ場

古山貯水池自然公園オートキャンプ場の基本情報です。

基本情報
住所 北海道夕張郡由仁町古山430番地
営業期間 4月17日〜10月31日(2021年)
予約電話(利用日の2ヶ月前の1日)
※時間 8:30-17:00
0123-83-3979 もしくは 090-8630-6374 ※ケータイの方が繋がります。
4月10日より電話予約開始(2021年)ネット予約はなし
ホームページ http://www.hurusan.jp/#3m18d
入場料 中学生以上1,200円 小学生600円(日帰りは半額) 未就学児無料
チェックイン 13時〜
チェックアウト 〜11時
サイト料金
区分 サイト数 1泊料金(税込)日帰りは半額
キャンピングカーサイト(電源・水道なし) 1,600円
カーサイト(電源・水道なし) 19 1,600円
フリーサイトA 15 テント・タープ1張600円
フリーサイトB 30 テント・タープ1張600円

私は月曜日の平日に利用しました。当日に電話予約しましたが「カーサイトの空き番号を言っていきますので、どこが良いか仰ってください」と、空いているカーサイトの場所を指定できます。

 

必ずホームページの「キャンプ場内マップ」を見ながら予約されることをおすすめ致します。 これです↓

「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」は、札幌市内から約1時間と好立地です。キャンプ場周辺は木々や池に覆われており、とても札幌から1時間圏内とは思えない空間です。

【事前買い出し】長沼町内のスーパーやコンビニで買い物が可能

スポンサーリンク

古山貯水池自然公園オートキャンプ場はかなり山奥にありますので、周辺に買い物をする場所がありません。管理棟に売店がありますが、食品類はカップ麺と米しか売ってません。

 

なので食品類とキャンプ用品はしっかりと持ち込みたい所です。それでも「やべ!あれ買い忘れた!」ということはありますよね。そこで「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」から近い買い出しスポットをご紹介致します。

A-COOPながぬま店

札幌市内から「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」に向かって一番近いスーパーが「A-COOPながぬま店」です。

食料品ならなんでも売ってます。万一回忘れた際にはここで買い物しましょう。

「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」からは車で9キロ、時間にすると12分ほどの場所になります。

セブンイレブン長沼町店

上記でご紹介した「A-COOPながぬま店」の少しキャンプ場寄りの場所に「セブンイレブン長沼町店」があります。

ここでは紙皿や紙コップ、虫除けスプレーや炭などが売ってます。

「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」までは車で10分ほどの距離ですので、すぐに行けちゃいます。

【おまけ】あいチュらんど ソフトクリームはここで!

これまたと札幌方面から「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」までの通り道に「あいチュらんど」という名のソフトクリーム屋さんがあります。建物横には広い駐車場があります。

アイスクリームの種類も豊富です。キャンプ場に行く前に一休み♪

私はミニソフトクリームバニラ(270円)を注文。濃厚かつすぐ溶けますのでがっついてキャンプ場へ向かいます♪

【キャンプ場入り口】ちょっと分かりにくいがナビがしっかりと誘導

長沼町方面から「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」に向かうと景色は牧歌的な風景へと変わって参ります。キャンプ場へ曲がる道にの立て看板はありませんが、ナビがしっかりと誘導してくれますので大丈夫です。

曲がったところにキャンプ場ののぼりがありました。

そこから400メートルほど進むと右側に再び数本ののぼりが見えてきます。ここが「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」の入り口です♪

入り口を入ると左手に管理棟があります。その横にはまき割りばが見えます。

小さなプレハブ小屋がチェックイン受付になりますので、駐車場に車を停めてチャックインしましょう♪チェックインは13時からです。

【チェックイン】管理棟受付はシンプルなプレハブ小屋

チェックインはプレハブ小屋の管理棟で行います。

新型コロナウイルス感染症禍ですので、管理棟前のテントでは検温機が設置されております。「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」はコロナ禍の緊急事態宣言中でも感染対策を徹底し営業を続けていたようです。

中で料金を払う前に外でこちらの紙に必要事項を入力して受付を行います。

紙を記入したら中に入り、料金を支払います。現金のほかpaypayでの支払いが可能です。受付前にはソロキャンにぴったりの量のお米がずらりと販売されております。

その他管理棟の中には薪割りが面倒な人用の薪とちょっとしたキャンプ用品が販売されております。

レンタル品も充実しております。テント・コンロ・焚火台・ランタン・ハンモック・テーブルや椅子、そして子供用のキックボードまでもがレンタルされております♪ 氷も300円で販売されております。

管理棟横には自動販売機が設置されております。良心的なお値段です。なお自動販売機はキャンプ場内にも設置されております。お酒の自動販売機はありません。

スポンサーリンク

【サイトのご紹介】ペット可はオートサイトとフリーテントサイトB

管理棟でのチェックインが終わると、カーサイトの場合はカーサイトの番号が書いたラミネートカードを渡されますので、こちらを車のダッシュボードの上に置きます。

カードの裏にはキャンプ表内のマップが記載れており、自身の場所が赤く示されております。

今回私はトイレと炊事場が最も近い「カーサイト6番」を指定しました。予約の際に受付の方が空いている番号を仰ってきます。必ずホームページで地図を見ながら予約されることをおすすめ致します。

 

「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」はシンプルに4サイトのみです。順番にがっつりご紹介致します。

オートサイト(電源なし)19区画 ※ペット可

オートサイトは全19区画で電源・水道なし、そしてペットの持ち込みは可となっております。

カーサイトは管理棟横の道を真っ直ぐ進みます。両サイドを木々に囲まれた道を進みます。

しばらく進むと左右に枝分かれします。左に行くとカーサイトが1番から順番に並んでおります。

今ちょうどこの○の当たりです。

左から1番〜4番のカーサイトになります。ここから右手奥に見える炊事場&トイレまでの導線も相遠くはありません。

さらに奥に進むと左手に5番、6番のカーサイトが見えてきます。エクストレイルが止まっている所が今回私が宿泊したカーサイト6番になります。

私が宿泊したカーサイト6番をより具体的にご紹介致します。サイトは芝がはげたのか土が剥き出しになってます。カーサイトはどこも芝と土が入り混じった感じです。

お隣のサイトとの間隔も十分にあり、ソーシャルディスタンスも保たれております。

さらに奥に進むとカーサイト7番〜9番が見えますが、ここもお隣サイトとの間隔が十分い保たれております。

カーサイト6番からトイレ(左側建物)と炊事場(右側建物)は目の前です。「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」は、こじんまりとしたキャンプ場ですので、トイレと炊事場が目の前とは言え、人の動きは全く気になりませんでした。

サイトの状態を確認します。所々木の根っこがむき出しとなっております。これはどのカーサイトも同じ感じでした。

テントの設営場所を間違えてしまうと、床が木のねっこに当たってしまう可能性があるため、しっかりと根っこの位置をしっかりと確認しましょう♪

今回私が宿泊したカーサイト6番サイトの奥、7から10番までのカーサイトです。ここは奥まったサイトですのでひとけを気にせずに静かに過ごすことができます。

またカーサイト1番から9番の後ろは木々の後ろに道路がありますが、車通りはほとんどありませんので、車の音は全く気になりませんでした。

 

続いてカーサイト11番から14番方面を覗いてみます。この赤●の当たりです。

カーサイト11番から14番も炊事場やトイレまでの導線もそこまで遠くありません。お子様連れでも苦痛にならない距離感です。

カーサイト13番と14番は駐車場から一段下がったサイトです。広々としてます。

こちらはカーサイト14番です。ツールームテントを張ってもまだ十分余裕があるサイトです。

カーサイト14番からは貯水池の水上デッキまで降りていける遊歩道が整備されております。遊歩道については下記に別途ご紹介致します。

カーサイト14番方面から炊事場とカーサイト15番と16番方向を眺めます。左手にはフリーサイトAが見えます。

逆に炊事場からカーサイト15番16番方向を眺めます。ここも炊事場とトイレが真横です。真横といっても多少の距離があります。向かいのフリーサイトの混み具合によっては多少賑やかかもしれません。

カーサイト15番と16番も広々としたサイトです。裏も木々に覆われております。

カーサイト14番からさらに奥に進むとカーサイト17番から19番が見えてきます。ここは裏手に貯水池が木々の隙間から見渡すことができるサイトです。

カーサイト17番から19番も駐車スペースから一段下がった場所にサイトがあります。

カーサイト19番の前にはトイレがあるのですが、平日にキャンプ場利用した際には裏手のフリーサイトAの利用者はおらず、トイレは閉鎖されておりました。平日にカーサイトを利用する際には注意が必要です。

キャンピングカーサイト(電源なし)2区画 ※ペット可

カーサイト19番をさらに進むとキャンピングカーサイトの2区画が右手に見えて参ります。

キャンピングカーサイトといっても電源や上下水道の設備はありません。駐車スペースが2台分あるのと、カーサイトよりも少しサイトが広い感じです。

さらに道並みに進むとカーサイト1番との合流します。カーサイトはフリーサイトAをぐるっと1周する形で存在しております。

フリーサイトA 15組 ※ペット不可

「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」はフリーサイトが2箇所あります。フリーテントサイトはカーサイト側にあります。こちらはペット持ち込みが不可です。

フリーサイトAは芝や土が出ているところ、そして木々に隠れる形での日陰など個々の好みの場所を選択できます。土のところはカーサイト同様に木の根っこがむき出しになってますので、テント設営の際には注意が必要です。

入り口方向からまたフリーサイトAです。炊事場とトレイが目の前ですので、導線も良いです。

カーサイト3番4番付近からフリーサイトAを眺めます。繁忙期には右側に見えるトイレも開放されます。

右側のフリーサイトAを通路挟んで向かいが炊事場とトイレです。

フリーサイトB 30組 ※ペット可

フリーサイトBは「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」入り口を入って右手にあります。炊事場兼トイレの建物の前の駐車場に車を停めます。

炊事場兼トイレの建物の前にはリアカーが置かれてます。これでサイトまで荷物を運び入れます。

炊事場兼トイレ建物からフリーサイトBを望みます。この一段下にもう一つのフリーサイトの空間がありますが、ここは木々がない太陽剥き出しの空間となります。

芝はしっかりと手入れされております。

フッカフカの芝です♪

フリーサイトBの炊事場兼トイレ建物から管理棟&薪割り場方向を望みます。距離にすると100メートルもありません。

フリーサイトBからは牧歌的ななんとも言えない癒しの風景が望めます♪

フリーサイトBはもう一つの空間があります。フリーサイトB入り口手前の道を降りていくと、

うっそうとした木々が見えてきます。ここをさらに奥へと進むと、

右側に何やら芝生の空間が見えてきます。ここがフリーサイトBのもう一つの空間です。

上記でご紹介したフリーサイトBの炊事場兼トイレからもアクセスできます。

こちらの空間もしっかりと芝がメンテナンスされております。

もう一段下にもテントが張れる空間があります。日陰が好みの方は炊事場&トイレから少し距離はありますが、こちらを選択するのも良いかと思います。

来た道を進むと奥には駐車場があります。一段下のフリーサイトBを選択された方は、こちらに車を停めて荷物を搬入しましょう♪

スポンサーリンク

【炊事場】カーサイト側はお湯が出て洗濯機もある

カーサイトとフリーサイトA側の炊事場をご紹介致します。

私が利用したカーサイト6番の目の前です。

広々とした炊事場にはなんと洗剤やクレンザー、そしてスポンジまで備え付けになってます。忘れ物をしても安心ですね。

炊事場にはなんと!洗濯機まで設置されてます。しかもタダです。洗濯機がタダのキャンプ場は初めて見ました。

そして「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」の炊事場の最大の特徴は「お湯が出ること」です。ボイラーが設置されていて、いつでもお湯が出ます。網や汚れ物を洗うとき、寒い時の洗顔にありがたい!ただお湯が出るにはカーサイト側の炊事場だけですのでご注意ください。

また炊事場には踏み台もあり、小さなお子様でもお片付けのお手伝いもできちゃいます♪

炊事場横には炭捨て場があり、ここで焚き火の残りかすを処理致します。

そしてカーサイト側の炊事場の横には自動販売機もあります。万一飲み物が足りなくなっても管理棟まで買いに行く必要はありません。

続いてフリーサイトB側の炊事場をご紹介致します。

カーサイト側よりもこじんまりとした簡易炊事場となっております。こちらはお湯は出ません。

カーサイト側の炊事場同様、洗剤とクレンザー、スポンジ、そして踏み台が常備されております♪

フリーサイトB側の炊事場にも洗濯機が備え付けとなっております。すごい・・

炊事場&トイレの横にも炭捨て場があります。

【トイレ】オートサイト側はウォッシュレット♪

続きまして当ブログ恒例のトイレチェックです♪ まずはカーサイト側から。

男女トイレの間には洗面所があり、鏡もありますので女性が身支度を整えるのにも良いですね♪

洗面所の横には足洗い場もあります。ワンちゃんの足のなど、ここで洗いましょう♪

男性用トイレです。清掃も頻回に行われており、すごく綺麗です。

そして当ブログ恒例の便器チェック! なんと!カーサイト側のトイレはウォッシュレットです♪

大便器がもう一つ。こちらは和式です♪ほとんどの方がウォッシュレットを使用することでしょう・・

女性用トイレの横には身障者用トイレもあります。ウォッシュレットが付いた洋式トイレとお子様用の小さな便器があります。お子ちゃまのトイレの心配も軽減されます♪

続きてフリーサイトBのトイレをご紹介致します。

こちらも綺麗に頻回に清掃されております♪カーサイト側と違い、洗面所はトイレの中にあります。

フリーサイトB側の大便器は残念ながらウォッシュレットはついておりません。。

カーサイト側のトレイ同様に、フリーサイトB側にも足洗い場があります♪

【まき割り体験】まき割り放題!薪代もタダ!

「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」の最大の楽しみはこれ!まき割りができて、しかもその薪がタダだということです♪まき割り体験ができるキャンプ場なんてそうありません。子供達も貴重な体験ができるでしょう♪

まき割り場は管理棟横にあります。

こちらの積み上がった薪が割り・使い放題です♪と言っても限度がありますので、薪が少ない時は周りに配慮しましょう♪

まき割り体験は17時までです。もちろんオノも貸し出しも行っており、子供用の小さいオノから大人用の大きなオノまで用意されております。

大量の木の中から木を選んで割っていきます♪

まき割りは結構コツが必要です♪ 大きく振りかぶらないとなかなか割れません・・ちなみに私は次の日に筋肉痛になりました・・ 自給自足を思い起こすまき割りは、子供達にとってすごく貴重な人生経験かと思います♪

ここで待ったまきをサイトまで持って帰る用の袋は必ず持参しましょう。また各サイトの焚き火は直火が禁止です。必ず焚き火台を持参していきましょう♪

スポンサーリンク

【ドッグラン】フリーテントサイトB手前にあります

「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」はフリーサイトAを除き「ペット可」です。カーサイトでもワンコとキャンプを楽しんでいる方がいらっしゃいました♪

ペット可のフリーサイトBの手前にはドッグランがあります。

ドッグランの大きさは縦22メートル、横7.5メートルとこじんまりとしております。小型犬向きかもしれません。

ドッグランはキャンプ場利用者であれば無料で使用できます。

【遊歩道で大自然を堪能】貯水池手前まで降りて行けます

「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」は貯水池沿いに湯歩道が整備されており、自然を満喫できます。

カーサイト14番横から遊歩道に降りて行けます。

遊歩道はフカフカの芝となっており、散歩していてとても気持ちが良いです♪

降りていくと奥に貯水池と東屋が見えてきます。

左手奥には小さな橋があり、

そこには小川が流れております。季節によっては小魚やエビが採れるそうです。これは子供達が喜びそう! ただし川遊びは可能ですが泳いだり釣りをすることは禁止です。

東屋周辺は木々に囲まれ、マイナスイオン浴びまくりの癒し空間です♪

貯水池沿いの遊歩道もフカフカの芝で覆われております。

貯水池まで降りていくことはできませんが、時折木々の間から池が姿を現してくれます。

遊歩道をフリーサイトB側まで歩いていくと左側に池がよく見えるポイントがあります。

ぜひワンコとの散歩や子供達との散歩に池を見に行ってみましょう♪

【入浴はユン二の湯へ】受付で割引券が購入できます

「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」にはシャワーなどの入浴設備はありません。しかしキャンプ場から車で5分ほどの場所に「ユン二の湯」という日帰り入浴施設があります。

「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」の受付で「ユン二の湯」の割引券が購入できます。大人650円が500円になります。必ず購入しましょう♪

車にて3分ほどで「ユン二の湯」到着致します。

モダンな建物です。

建物の横に広大な駐車場があります。

中に入るとまるでロッジのような作りで、木の温もりが感じられます。入って左側が受付です。

受付前には地元産の野菜が販売されております。

地元産のチーズや、

お酒なんかも販売されております。

 

私はこの「ユン二の湯」でミニトマトとチーズを購入しました♪これをキャンプ場に戻った後に堪能しました♪

「ユン二の湯」はお湯が黒いモール温泉で露天風呂も広く、サウナや水風呂などある程度の日帰り入浴施設としての設備は整っております。

 

新型コロナウイルス感染症対策で営業時間等が変更になっている可能性もあるため、行かれる前にホームページを事前チェックしていきましょう↓

札幌から車で約60分 北海道夕張郡の温泉 ユンニの湯公式ホームページ ようこそ薫るリゾートへ♪
北海道夕張郡の温泉「ユンニの湯」褐色がかったコーヒー色のお湯が特徴のユンニの湯は、無味無臭で肌がスベスベになる美肌の湯として評判の温泉です。日帰り温泉もご宿泊もご出張にも!北海道の味覚を十分に楽しめる自慢の料理でお待ちしております。

【その他】古山貯水池自然公園オートキャンプ場に行く前にチェックすること

ホント至れり尽くせりのキャンプ場なのですが、それでも「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」利用前に確認しなければならない注意点がありますので、こちらを踏まえた上でご予約されることをおすすめ致します。

ゴミは持ち帰り

「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」はゴミは全て持ち帰らなければいけません。有料で引き取ってもくれません。長期間滞在するキャンパーにとってこれは非常に痛い!

なので一泊でも極力ゴミを減らす必要があります。特に夏場の生ゴミは帰り道に車内で悪臭を放つ可能性があるため、事前に生ゴミが出ないよう食材を小分けにしていく、ビニールを剥がしていくなどの工夫が必要かと思います。

街灯が結構明るい

「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」のキャンプ場内の街灯は結構明るいです。街灯のすぐ下のサイトから星を眺めるのはかなり酷と言えます。

ただこの街灯も22時には消灯となりますので、星空を眺めたい!という方は22時以降のお楽しみにしていただけたらと思います。

ただこの街灯の明るさは小さなお子様がいらっしゃるファミリーにとっては炊事場やトイレへの移動の際には逆に安全かと思います。

上空には頻繁に飛行機が通過 ジェット音がうるさい

「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」はちょうど新千歳空港滑走路の延長線上に位置しますので、上空には李発着後のジェット機が頻繁に通過致します。

そこまで爆音ではないのですが、自然の静けさを求める方には少し苦痛に感じるかもしれません。私は飛行機大好きなので気になりませんでしたが・・

天気は予報通り 山の中だからと言ってコロコロ天気は変わらない

私のキャンプ経験ですと山の中のキャンプ場ほど、天気予報が全く当てになりません。晴れ予報だったのに雨が降ったり、雨予報だったのにガッツリ晴れることもしばしばです。

しかし「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」は山奥とはいえ、長沼町や由仁町の市街地からは近場にありますので、天気予報が大幅に狂うということはありませんでした。

 

とはいえ何が起こるか分からないのが大自然を相手にしているキャンプですので、晴れ予報でも雨具の用意は必ずしていきましょう♪

スポンサーリンク

2021年【古山貯水池自然公園オートキャンプ場】体験レポート!まき割り体験ができるキャンプ場を徹底解説! まとめ

結論から申し上げますと「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」はもう一度ソロでも行きたいし、ファミリーでも行きたいキャンプ場です。

※焚き火を満喫中に突然サイトに現れた子猫ちゃん。キャンプ場に住み着いているのでしょうか??

 

特にまき割り体験が出来ることは、他のキャンプ場にはない最大の特徴です。これは子連れファミリーキャンパーなら絶対に子供達に経験させたいことです♪

あとは札幌市内からも1時間圏内であること、炊事場でお湯が出ること、トイレがウォッシュレットだということもかなりポイントが高いかと思います。

 

大人も子供も一緒になって大自然を生かした遊びがしたい!

池や湖が近くにある場所でキャンプがしたい!

まき割りができて焚き火を楽しみたい!

 

というニーズをお持ちの方は、ぜひ「古山貯水池自然公園オートキャンプ場」に行きましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました