新型デリカD5を購入! 商談・値引き交渉のポイントを振り返る

SNSフォローボタン
新型デリカD5
スポンサーリンク

ついに新型デリカD5を購入してしまいました\(^o^)/ 値引き交渉のポイントについては前回のレポートにてブログにアップさせて頂きました。

三菱 新型デリカD5 最終値引き交渉レポート!
新型デリカD5レポートも第5弾となりました。発売日が2019年2月15日に正式決定した新型デリカD5!2018年末に見積もりをもらったものの、値引きと下取り価格に納得しなかった私は、妻と作戦会議をした上で初売りの決戦に出掛けました!新型デリカD5の最終値引き交渉レポートをお伝え致します!

発売日は当初2019年2月22日(金)と言われておりましたが、正式に2月15日(金)に決定致しました! 私は1月初旬に契約を致しましたが、納車は4月下旬になると言われました( ̄◇ ̄;)ガーン2018年11月21日の受注受付からの累計受注台数が5000台になり、生産が追い付かず、納車が遅れているようです。2019年3月現在で2018年11月早々に契約された方の納車がやっと始まったとのことです( ̄∇ ̄)

 

まだまだこれから商談に入る方も多くいらっしゃるかと思います。現行型デリカD5からの乗り換えをご検討されている方、そして他車からの乗り換えをご検討されている方、様々かと思います。

 

ブログランキングに参加しております。こちら↓をポチして頂けると助かります!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

そこで三菱新型デリカD5購入について、これまで五回にわたるレポートをさせて頂きましたが、商談そして値引き交渉に到るまでのポイントを改めて振り返りたいと思います。

スポンサーリンク

現行型デリカD5からの乗り換えは、下取りが高くつく今がラストチャンス!

新型デリカD5の登場により、現行型デリカD5の下取り価格は一気に値下がりの傾向です。特に20192月15日(金)の発売日以降は急激に下降するとのことですので、乗り換えをご検討されている方は、今が絶好の交渉チャンスと言えます。今回乗り換えるにあたり、キャンプシーンで大活躍してくれた、家族との思い出がいっぱいの現行型デリカD5を手放すのは大変心苦しいものがありました。。(+o+)

しかし現行型購入から8年の歳月がたち、2019年の年末に車検を迎えるころには多くの部品交換が必要なこと、走行距離と年月が重なることによる今後のメンテナンス、そして新型デリカD5に乗り換えたことを考えた時のランニングコスト(燃費)の差を考えました。

 

と試算した結果車両本体価格約500万円と多少初期購入のコストはかかるものの、将来的にかかるコストを(三年後の車検費用とディーゼルに乗り換えることによる燃費の良さ)考えると、乗り換える方がメリットがあると確信し、購入に至りました。

 

実際商談はかなり難航致しました( ̄▽ ̄) ディーラー側が新型デリカD5の値引きに全く応じないからです。車両本体価格の最大値引きが5万円!それ以上値引きはしないのです。それ以上の値引きがあった方は逆に教えてくださいね(^^)

 

となるとそれ以外の値引きとなると、実質の値引きとなるのが「現行型デリカD5の下取り価格」になります。これをいかに引き上げるかが「実質値引き」の大きなポイントになります。ちなみに私の現行型デリカD5の下取り査定をした時の状態は、

①平成22年11月式

②車検まであと1年

③走行距離5万4千キロ

でした。

この状態で最初に提示された下取り価格は100万円、それはないでしょ!と思い当時(2018年11月)ガリバーで調べた結果、130万円でした。これを引き合い出しもう一度商談に臨むと、次は115万円でした。新型デリカD5の発表により、日に日に現行型デリカD5の下取り価格は下降しているとのことですので、この130万円は参考にならないと言われましたが、ここは駆け引きです!

 

ディーラー側にもノルマがありますので、乗り換え後のメリットなど色々提示してきます。乗り換えた際の値引き「お乗換えクーポン5万円」や、3年後までの4回の点検と車検代が含まさった「ハーティメンテ1車検手軽55,400円」など、今乗り換えた方が得ですよ〜と、提示してきます。

 

しかし500万円近くする自宅購入に匹敵するサラリーマンにとって人生最大の大きな買い物、決断!少しでも安く買いたいものです(^_^.) 一度ガリバーで査定した130万円を引くことなく、粘り強く交渉致しました。「下取りを130万円にしてくれたら即決します!」といって再度商談に臨んだところ、「もうこれが最大の誠意です。。」と提示されたのが128万円でした。

妻とも相談し「当初の100万円から28万円も下取りを上げてくれたので良いか~」ということで、ここで手を打ちました(^o^)丿車両本体価格の値引きでは限界があります。現行型デリカD5にお乗りの方は、買い取り専門店などで一度下取りの査定をしてもらってから粘り強く下取りを上げてもらう交渉を致しましょう(^_^)/ 現行型からお乗り換えの方の最大の値引き方法は、下取りの値上げ交渉しか有りません! 交渉は正直めんどくさいですが、ここを粘り強く行かないと安くなりません!

 

ネットでも簡単に下取価格の査定が出来ます!買い取り専門店に行っている時間がない方は、こちらで査定してみるのも良いでしょう♪↓↓

他車からの乗り換えの場合はライバル車のセレナとヴォクシーの値引きを引き合いに出す!

新型デリカD5は最先端の安全性システム「e-Assist」が搭載されたことで、ライバル車と全く引けを取らない安全性が備わりました。またクリーンディーゼル搭載エンジンでもありますので、ガソリン車に比べて格段に燃費が良くなり、馬力も大きく向上しております。

安全性の面でも燃費や馬力の面でデリカD5の乗り換えに踏み切れなかった方も、ライバル他車と引けを取らなくなった新型デリカD5への乗り換えをご検討されている方も多いと聞いております。

 

しかし安全性とエンジン、そして内装も高級ミニバン化したことで、現行デリカD5と比較して車両本体価格が100万円近く上昇しております。これが購入を躊躇してしまう大きなポイントかと思います。デリカD5のライバル車と言われているセレナやヴォクシーは大幅な値引きを仕掛けてきております。一度他社ディーラーで見積を取ってもらい、その値引き額を引き合いに値引き交渉をしてみましょう!

 

しかしデリカD5は唯一無二のクロカン機能を備えたミニバンです。ライバル車の値引き額を多少の引き合いに出しても、唯一無二を大事にする三菱ディーラー側もそこまで相手にはしてくれません。( ̄◇ ̄;) 多少の値引きは可能ですが、正直現行型デリカd5からの乗り換えよりは値引き額が少ないかもしれません。少しでも安く購入するためにはオプション部分を削るしかありません。ではどのオプションを削れば良いのでしょうか?次にご紹介致します。

不要なオプションを削ぎ落とす!

新型デリカd5のオプションもあるあれこれとパッと見、車に詳しくない方が見ると、そのまま契約しがちです。しかし見落としてはいけません。意外と要らないものを提示させられてます。私は車両本体価格が高く、少しでも予算を削るために下記のオプションと諸経費を削る事に致しました。

 

①フロアマット(8人用で97,178円)

②冬用ワイパー(3本で12,096円)

③スタッドレスタイヤ(16インチアルミ付きで132,000円)

④納車代(8,640円)

まず①フロアマットですが、新型デリカD5のフロアマットはディーゼルエンジンの音を吸収する吸音機能付きフロアマットになっているため高額です。。そもそもフロアマット自体がオプションだということに疑問符が付きますが、現行型に乗る私としては、まずこのフロアマットを現行型のを代用することに致しました。

 

高額のフロアマットですが、他車からお乗り換えの方も、「選べるご予約特典」でこの97,178円がゼロになりますので、ご安心ください!ちなみに私はフロアマットを代用することで、「選べるご予約特典」をリモコンスターター(70,524円)に変更致しました。

 

②の冬用ワイパーですが、これは雪国にお住いの方限定になります。冬用ワイパーもバカにはなりません。これは正直ディーラーで購入するよりもネット通販やカー用品店で購入する方が多少安くなってます。ここは少しでも安く購入したいところです。

 

また③のスタッドレスタイヤ(アルミ付)ですが、これも雪国の方限定になります。私は現行型デリカD5の冬タイヤは純正18インチのアルミでトータル10万円で購入致しました。アルミは中古で購入しました。探せばいくらでも安いのが出てきます。ここも少しでも安く収めたいところです。

 

最後に④の納車代も不要です。乗り換えの際に直接ディーラーに行けば良いだけの話です♪( ´▽`)

 

しかし今回の新型デリカd5 のオプションは色々考えられてます。。27万円もする10インチのナビもオプションかつ、付けると付けないとで下取り査定の際に3%上乗せになる、と設定されております。またリモコンスターターもカー用品店では取り付けられない設定になっております。削りたくても削れない設定となっているところに三菱のうまさを感じてしまいます・・( ̄∇ ̄)

新型デリカD5を購入! 商談・値引き交渉のポイントを振り返る! まとめ

見た目もギラギラ顔に変更になり、現行型から100万円近くも値上がりしてしまった新型デリカD5!少しでも安く購入するために商談は難航致しました。最上級グレードの「P」を購入致しましたが、最終的に下取り価格を値上げすること、不要なオプションを削り落とすことで、トータル支払額408万円で購入することが出来ました\(^o^)/

 

何度も申し上げておりますが、現行型からのお乗り換えの方は、下取り価格が急激に下がる発売前に購入されることをおすすめ致します!また他車からお乗り換えの方は、ライバル車の値引きを引き合いに粘り強く交渉致しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました