まあぶオートキャンプ場 体験レポート!絶景と子供たちが楽しめるキャンプ場を解説!

スポンサーリンク
SNSフォローボタン
キャンプ場レポ
この記事は約13分で読めます。

「子供たちと川遊びがしたい!」

「絶景・夜景を眺めながらバーベキューがしたい!」

「子供たちとホタルが見たい!」

 

設備も充実しており、絶景も楽しめてキャンプ初心者でも安心してキャンプを楽しめるのが

まあぶオートキャンプ場」です!

ブログランキングに参加しております。こちら↓をポチして頂けると助かります!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

まあぶオートキャンプ場の魅力は何と言っても、そのダイナミックな景色!キャンプ場が高台にありますので、背後には音江山、正面には雄大な石狩平野と深川市街が一望出来ます。

また初めてのファミリーキャンプには不安が付きまといますが、まあぶオートキャンプ場は設備が充実しておりますので、いざという時に困ることはほぼ有りません。

 

魅力いっぱいな「まあぶオートキャンプ場」その魅力についてご紹介して参ります!

スポンサーリンク

 まあぶオートキャンプ場「基本情報」

「まあぶオートキャンプ場」の基本情報です♪

基本情報
住所 北海道深川市音江町字音江459番地1
営業期間 コテージは通年 オートサイトは5/1~10/31
予約
電話:0164-26-3000
オートサイトは2/1より、コテージ は利用の1年前より電話とインターネット予約が出来ます!
https://www4.revn.jp/mabucamp/
施設利用料金 中学生以上1,000円 小学生500円
65歳以上障害者等上記の1/2
チェックイン サイト:13:00-18:00 コテージ:15:00-18:00
チェックアウト 〜11:00
サイト料金
区分 サイト数 料金
カーサイトA(電源・水道・野外卓付) 15 4,000円
カーサイトB・C・D(電源付) 39 3,000円
カーサイトCキャンピングカーサイト 5,000円
フリーテントサイト 16 500円
ログハウス(電源、室内灯、駐車場) 3,000円
コテージ(A・B棟)定員5人 夏18,000円 冬15,000円
コテージ(C・D・E棟)定員11人 夏24,500円 冬19,000円
コテージ(F棟)定員3人 夏24,500円 冬19,000円
※備考:金・土曜日と祝前日・GW・お盆・年末年始等の特別期間は、上記料金の500円増(フリーテントサイト・コテージ を除く)

交通 : 自動車で札幌から道央自動車道経由深川ICで降りてすぐ、約1時間15分で到着します。

札幌市内から道央自動車道深川ICで降りたらキャンプ場までは1.5㎞!札幌から1時間半もあれば着いてしまいます。

※高速を降りるとT字路にまあぶオートキャンプ場の看板が見えてます

 

行きはキャンプの準備、帰りは荷卸しの作業時間を考えると、何かと不慣れな初めてのファミリーキャンプは移動時間が短いに越したことはありません。札幌や旭川からのアクセスの良さも「まあぶオートキャンプ場」の魅力です♪

スポンサーリンク

食材は道の駅「ライスランドふかがわ」で全て賄えます!

春の食材が豊富な深川市。国道12号線沿いにある道の駅「ライスランドふかがわ」でキャンプ食材の全てが賄えます♪

キャンプイン前のランチもここですます事が出来ます♪

おつまみ用の深川産無化調の「ポテトチップス」から

旬なお野菜や

焼肉用の「深川ポーク」などなど、キャンプで必要な食材はなんでも売ってます♪

ちなみに我が家で仕入れたのは「ポテトチップス」とBBQ締めの「幌加内そば」♪

深川市内のスーパーに行かなくても、道の駅「ライスランドふかがわ」で全て賄えますのでご心配なく!「まあぶオートキャンプ場」からも車で6分ほど。チェックイン前に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

センターハウスで受付 シャワーブースや売店、コインランドリー有り

ログハウス風のセンターハウスでチェックインします。入り口にゲートなどは有りません。

センターハウスはさほど大きくは有りませんが、コンパクトに全て揃ってます♪

入って正面に売店、左側が受付です。

こちらが受付です。各種クレジットカードやPayPayも使えます♪ 今風です♪

センターハウス前には自販機が、

そして中にはキャンプに必要な最低限どのキャンプ用品が売ってます♪

そしてセンターハウス内にはシャワーブースとコインランドリーが有ります。長期滞在も困ることはなさそうです

シャワー料金:1回(20分まで)100円

ランドリー料金:前払い洗濯・乾燥セットで1回300円  料金:前払い(洗濯のみ1回100円 乾燥のみ1回200円)

さらにスマホの充電装置も有ります(料金:20分200円) 非常事態には重宝しそうです。

センターハウス内では貸し自転車も有ります(料金:子供用1時間200円、大人マウンテンバイク1時間200円)

サイトのご紹介

スポンサーリンク

まあぶオートキャンプ場には四種類のオートサイトとコテージ、ログハウスが有ります。

下記にそれぞれご紹介して参ります。

カーサイトA

「まあぶオートキャンプ場」の一押しサイトそれがキャンプ場1番の高台に位置し、石狩平野や深川市内の絶景が楽しめる「カーサイトA」です♪

カーサイトAからの景色は格別です♪

高台から見下ろす石狩平野の絶景を眺めながらのBBQは最高でした♪

夕日も綺麗ですし、

深川市内の夜景も絶景です♪

「まあぶオートキャンプ場」一の高台に位置するのはもちろんですが、サイトの充実度もナンバーワンです。その分料金も割高ですが・・( ̄∇ ̄)

カーサイトAには炊事場と野外卓が備え付けになってます。

炊事場もデカいものを洗うには十分過ぎる広さです♪

もちろん電源もついてます。2口のソケット15Aです♪

カーサイトAとカーサイトBには焚き火用の「かまど」が備え付けになってます。焚き火好きにポイント高いです!

カーサイトAからトイレへのアクセスは真下にあるカーサイトBに降りていきますが、すぐ真下です。小さなお子様がいてもそこまで遠いと感じる距離では有りません。

カーサイトAも道路を挟んで2段式の作りになってます。景色を堪能したいのなら予約の際に高台の位置を指定しましょう♪

カーサイトB(B1~B13)電源・かまど付

カーサイトAの下に位置するカーサイトB(B1〜B13)です。

カーサイトBもカーサイトA同様に道路を挟んで2段式のサイト作りになってますが、残念ながら石狩平野を望むことは出来ません。

カーサイトBはカーサイトAと比べて簡素な装備となってます。電源とかまどのみが備え付けとなってます。

カーサイトA同様に電源をこちらのポールから引きます。

カーサイトAに備え付けになっている炊事場がカーサイトBには有りませんので炊事場、そしてトイレへのアクセスは断然カーサイトBの方が良くなってます♪

カーサイトC(C1~C16)電源付

センターハウス下に位置するのがカーサイトCです。景色は堪能出来ませんが、周りが木々に囲まれており、落ち着いた雰囲気のサイトです♪

各サイトは少し盛られてます。カーサイトB同様にポールから電源を引くことが出来ますが、カーサイトCには「かまど」は有りません。

「かまど」がないせいかサイトの至る所に直火の後が散見されます( ̄∇ ̄)

ただどのサイトも芝の状態はかなり良好です♪フカフカの芝が維持されてます。

カーサイトD(D1~D10)電源付・ペット可サイト

センターハウスから見て一番奥にあるのがカーサイトDです。「まあぶオートキャンプ場」で唯一ペット化なのがカーサイトDです。

ホタル池方面からカーサイトD全体を見渡します。奥にはドッグランが見えます。そして人工物「鉄塔」も見えます( ̄∇ ̄) ちょっと残念な光景です・・

ペット可のカーサイトDは場所にもよりますが、他のサイトに比べて狭いように感じます。ツールームテントがギリギリ張れるかどうかの広さです。

キャンピングカーサイト

カーサイトC内にあるキャンピングカーサイトは2サイトのみです。写真を撮り忘れましたが・・( ̄∇ ̄) こちらのカーサイトBのCサイト内に有ります。

電源と排水が備え付けとなってます♪

フリーテントサイト

フリーテントサイトはセンターハウス降ってすぐ下に16サイト有ります。

フリーテントサイトと言いつつも自由にテントを張れるわけではなく、しっかりと区分けされてます。ただ車が横付け出来ないだけですが、駐車場からの距離は目と鼻の先なので、荷物の搬入に苦労することもないかと思います。

番号が振られているところが、各フリーテントサイトになります。

フリーテントサイトは奥まで続いてます。トイレや炊事場へのアクセスは目の前で非常に便利です♪芝の状態もかなり良好です♪

ログハウス

スポンサーリンク

カーサイトCの前に2棟のログハウスが有ります。室内には電源と室内灯、車も横付け出来ます。

フリーテントサイトの間にももう一棟のログハウスが有ります。フリーテントサイトに挟まれてますので、結構賑やかかもしれません(笑)

コテージ

「まあぶオートキャンプ場」で唯一通年利用できるのが「コテージ」です♪ まるで別荘地に紛れ込んだかのような光景です♪

全てのコテージにはテラスがついてます♪ ペットの入室は出来ません(涙)

コテージ内の設備も充実しており、一度は泊まってみたいですね〜♪

トイレ・炊事場・炭捨て場

トイレと炊事場、そして炊事場の横には炭捨て場が設置されてます。カーサイトAとBの間にそれぞれ1箇所、CサイトとDサイトにそれぞれ1箇所のトイレと炊事場が有ります。 どのサイトからもトイレ・炊事場のアクセスはかなり良いです♪

新型コロナウイルス対策も万全です。トイレと炊事場には手指消毒剤が設置されてますし、

共有施設内でのマスク着用も呼び掛けてます。

トイレは身障者用トイレも有ります。

トイレはモダンな作りで、中もとても綺麗です♪

清掃も行き届いてます♪

そして当ブログ恒例の大便器チェック! 温便座はついてますが残念ながらウォッシュレットでは有りません( ̄∇ ̄)

しかしご安心ください!身障者用トイレはなぜかウォッシュレットとなってます♪ オムツ変え場や子供用の小便器も有ります♪

トイレに隣接している炊事場の前には炭捨て場が設置されてます。

炊事場は室内の広々とした作りとなってます。

「まあぶオートキャンプ場」の炊事場はなんと給湯器が有り、お湯が出ます♪ 春先や秋口のキャンプにはとても助かります。そして炊事場には電子レンジも設置されてます。時間がない時のレトルト食品なんか役に立ちそうです♪

ゴミステーション

センターハウス前の出入り口付近にはゴミステーションが有ります。6種類に分別するとゴミ代はタダです。チェックイン時に確認しましょう♪

バーベキューハウス・石窯

センターハウス横には石窯とバーベキューハウスが有ります。石窯利用には事前予約が必要です。1グループ3時間の貸し出しです。(利用料金:マキ2束着火剤込 2,500円 追加のマキ1束 900円)

石窯と併設される形でバーベキューハウスが有ります。

中を覗くとこんな感じです♪

遊具・川遊び(イルムの滝)・ホタル池

センターハウス真下には遊具が設置されてます。

お世辞に遊具は充実しているとは言えません( ̄∇ ̄) お子ちゃま方が「遊具で思いっきり遊びたい!」時には下記にご紹介する秩父別町の「キッズススクエアちっくる」まで行きましょう♪

そしてキャンプ場から徒歩2分くらいのところに、子供たちが川遊びを楽しめるように、清流を整備して造った「イルムの滝」があります。川底は浅くなっておりますので、おぼれる心配は全くありません。
水遊びが出来ちゃいます♪
またカーサイトD付近には「ホタルの池」があり、8月から9月にかけてその幻想的に光るホタルの姿が見られます♪ サイト横にホタル池までの通路が有ります。夏場はこのサイトの方は騒がしいかもしれません( ̄∇ ̄)

道なりに降りていくとホタルを観賞することが出来ます♪

ドッグラン

スポンサーリンク

ペット可のカーサイトDとカーサイトCの間付近にドッグランが有ります。

色々障害物等あって面白そうです♪

「まあぶオートキャンプ場」では、キャンプ場内での犬の散歩は禁止されてます。ですのでワンちゃんが遊ぶ唯一の場所がこちらの「ドッグラン」になります♪

温泉は「アグリ工房まあぶ」へ!

「まあぶオートキャンプ場」から約1.2キロ先(徒歩約15分、車でも行けます)には「アグル工房まあぶ」という露天風呂付きの温泉施設が有ります。キャンプ場から温泉方面へ進むと曲がり角に温泉マークの看板が有ります。
 
イルムの滝の橋を渡ると左折するのですが、そこからは結構緑が生い茂っているところを通らなければ行けません。夜は結構怖いです・・( ̄∇ ̄)
そしてキャンプ場から「アグリ工房まあぶ」までは坂道ですので、夏場は一汗かくかもしれません。車で行かれることをおすすめ致します!
「アグリ工房まあぶ」は「まあぶオートキャンプ場」よりもさらに高台に有りますので、キャンプ場よりもさらなる絶景が見れます!
 
こちらが「アグリ工房まあぶ」道路挟んで向かいにも駐車場が有ります。

青空に映える立派な建物です♪

温泉料金:大人500円 小人300円
「アグリ工房まあぶ」に隣接してコテージが有ります。こちらに宿泊すると温泉が無料になるそうです。
「まあぶオートキャンプ場」のコテージ同様、立派なモダンな作りですね♪

「まあぶオートキャンプ場」周辺のおすすめお遊びスポット

「まあぶオートキャンプ場」の周辺には子供たちが楽しめるお遊びスポットが満載です! その中でも我が家がおすすめする「お遊びスポット」をご紹介致します!

まあぶ公園

上記でご紹介した温泉施設「アグリ工房まあぶ」に隣接する公園です。子供たちを思いっきり走り回らせたい時におすすめのスポットです♪

風光明媚な高台から見下ろす絶景と広大な芝生!そして水路も有ります♪

水車もあります。綺麗な芝生の上で思いっきり走り回りたいですね♪

イルムの丘のりんご園 藤谷果樹園

スポンサーリンク

キャンプ場に隣接するのがりんご狩りやプルーン狩りが楽しめる「イルムの丘りんご園 藤谷果樹園」です

「まあぶオートキャンプ場」からは徒歩で行けちゃいます♪

時期によって収穫できる品種が変わってきますので、ホームページで確認してから行きましょう♪

イルムの丘のりんご園 藤谷果樹園<公式> 北海道・深川市
北海道負深川市にあるイルムの丘のりんご園 藤谷果樹園のホームページです。 北海道深川市にある緑豊かな大自然に囲まれたイルムの丘で18種3000本のりんごを栽培しています。 果樹園内を自由に開放しており、休憩所もありますので、ゆったりとした時間を楽しみにお越しください。 また、新鮮な果物などの直売やりんご狩りも行っていま...

秩父別町「キッズススクエア ちっくる」

「まあぶオートキャンプ場」の遊具は正直しょぼいです・・( ̄∇ ̄) なので子供たちを「遊具で思いっきり遊ばせたい!」時には迷わず「キッズスクエアちっくる」まで行きましょう!

日本一のキュービックコネクションがある「キッズスクエア ちっくる」までは「まあぶオートキャンプ場」から車で20分程度で着いちゃいます。

 

その遊具のデカさから丸1日遊べますし、万が一雨が降っても室内のドデカ遊具もあります。しかも屋内も屋外も無料なので、これは行かない手はありません♪

 

「キッズスクエア ちっくる」についてレポートを書いていますので、ぜひこちらも参考にしてください↓

北海道秩父別町 キッズスクエア ちっくる」レポ!子供を遊具で思いっきり遊ばせるならここ!
北海道の秩父別町に室内外の超巨大遊具があった!しかも料金は無料!キャンプシーズン前、子供たちの冬場に鈍った体を動かすにはもってこいの施設です!遊具で思いっきり子供たちを遊ばせたい!というパパママさん必見です!

「まあぶオートキャンプ場」の残念な点

キャンプ初心者にはなんら問題がない「まあぶオートキャンプ場」なのですが、あえて残念な点を上げるとすれば、サイトに自然味がないことでしょうか。

サイトも丁寧に段々の作りとなっているのですが、自然派のキャンプを求める方にはこの「人工的な作り」はどうかな?と思うかもしれません。

まあぶオートキャンプ場 体験レポート!絶景と子供たちが楽しめるキャンプ場を解説!まとめ

「絶景」「川遊び」「設備の充実」の三拍子揃っている「まあぶオートキャンプ場」!
とくに「まあぶオートキャンプ場」では壮大な石狩平野の絶景を眺めることが出来、より「北海道はでっかいどう!」を堪能できます!
子供たちをのびのびと遊ばせたい!というファミリーにおすすめのキャンプ場です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました