子連れキャンプでのキャンプ場選びのコツを解説!【ファミキャン初心者向け】

スポンサーリンク
SNSフォローボタン
ファミキャン初心者ノウハウ
この記事は約7分で読めます。

初めてのファミリーキャンプに向けて、いざキャンプ用品を揃えたけど、

どのキャンプ場に行けば良いのか?

どの様なタイプのキャンプ場を選択すれば良いのか?

キャンプ場選定は悩ましいところですよね。お子さんにも楽しいひと時を過ごしてもらうためにキャンプ場選定は外せませんよね? そこで今回は絶対に失敗しない子連れキャンプ場選びのコツをご紹介致します(^^)

 

ブログランキングに参加しております。こちら↓をポチして頂けると助かります!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ



その前に皆さんのファミリーキャンプの目的な何でしょうか?

「家族で楽しいバーベキュー♪」

「子供たちと大自然を満喫したい♪」

「静かな環境で日頃のストレスを解消したい♪」

などファミリーによって様々かと思います。目的によってキャンプ場選びは大きく変わって参りますので、まずはキャンプの目的を明確に致しましょう!

 

私のファミリーキャンプは子供たちのアクティビティ(大自然での遊び)と静けさの2点を常に求めております。そこで初ファミリーキャンプの方にオススメなのが下記の点です。以下の点に絞ってキャンプ場選びをされることをオススメ致します♪

 キャンプ場にオートサイトがあるか?

フリーテントサイトは正直、ファミリーキャンプ初心者の方には少しハードルが高いです。ファミリーキャンプに慣れるまでは、オートサイトでのキャンプがオススメです。

 

なぜか?フリーテントサイトは繁忙期には隣との感覚が狭くなることが多く、しかもオートサイトに比べて値段も安い為、若者のグループも多く利用しており、夜遅くまで騒いでいるグループもたまにおります。となるとなかなか寝付けないですし、逆に子供たちのはしゃぐ声も気になってしまいます。

 

それに比べてオートサイトは隣との感覚も広いですし、フリーテントサイトに比べて値段も多少高い為、ほぼ若者グループは使用しておりません。大半がファミリーです。ですので、静かなことが多いです。たまに夜遅くまで宴会しているファミリーグループを見かけますが( ̄◇ ̄;)

 

またオートサイトはテントの前に車が駐車できる為、何より荷降ろしが楽です。フリーテントサイトでは駐車場からキャリーなどを押して荷物を運ばなければなりませんので、まだテント設営に慣れていない初ファミリーキャンパーにとって時間もかかってしまいます。

 キャンプ場のオートサイトの設備は充実しているか?

オートサイトには様々なタイプのサイトがあります。

1)ただのオートサイトだけのもの

2)電源が付いているオートサイト

3)水道付き炊事場のオートサイト

4)バーベキューサイロと椅子テーブルが備え付けになっているオートサイト

5)上記全てが備え付けになっているサイト

オートサイトの設備が充実しているほど、料金が高くなるのが一般的です。

 

炊事場までの距離があるオートサイトですと、備えつけになっているサイトを選択するのもありだと思いますが、距離が近いのであれば、炊事場付きサイトを選択する必要は無いです。

 

また私の様に北海道でのファミリーキャンプを楽しむ方には、電源はある程度必要になってきます。朝晩の冷え込みが激しい北海道の場合、電気毛布や電気ストーブが必須な時期があります。私はその際に電源を使用しておりますが、中には炊飯器も持ち込んで使用されている方もおりました(これはキャンプじゃない!邪道だ!という方もおりますが…)

 

また電源付きサイトを使用される際には、10メートルほどの延長コードも持参することをお勧め致します。テントの中まで配線が届かないことがあるからです(^_^;)

北海道のオートサイトの設備が充実しているキャンプ場はこちら!↓↓

北海道 設備が充実しているオートキャンプ場 ランキング5選!
初めてのファミリーキャンプには何かと不安がつきものです。キャンプ場選びもその一つ。初めてのファミキャンには設備が充実したオートキャンプ場がおすすめです!大自然豊かな、四季折々の風景が楽しめる北海道の初ファミキャン向け、設備が充実したオートキャンプ場をご紹介!

 キャンプ場に管理人は24時間在中か?

管理人さんが夜になると帰ってしまうキャンプ場もあります。その一方で24時間駐在し、夜中の見回りをしているキャンプ場もあります。何かあった時の為に24時間いてくれるのは有り難いですね♪


 キャンプ場周辺は携帯の電波は通じるか?

日常を忘れさせてくれる時くらい携帯の電波くらいなくては良いのでは?とも思いますよね(^^)? ただお仕事の関係でどうしても手放せない方もいらっしゃいますので、事前に確認しましょう! ただ私の経験ですと、電波が全くないキャンプ場は、北海道の「道民の森 一番川地区キャンプ場」くらいなので、電波の心配はあまり必要ないですね!

その時の体験記はこちら!↓↓

道民の森 一番川地区キャンプ場体験レポート!川遊び・日常を忘れたい方におすすめ!
「子供たちと川遊びがしたい!」「遊具で思いっきり遊びたい!」「沢山のクワガタや虫を取りたい!」「親も釣りを楽しみたい!」そんな貴方の希望を叶えてくれるのが『道民の森一番川地区キャンプ場』です。体験レポをご紹介!

 キャンプ場付近に海や川があるか?

アクティビティ(子供達の遊び)をメインに考えている方は必見です。キャンプ場付近に川が流れているところは、大抵が川が浅く、川遊びが可能になっております。海に関しても遊泳可能なキャンプ場が多いです。となると事前に釣り竿や網、水着・水中サンダルなども用意しなければなりません(川遊びには水中サンダルが必須です!)

 

オートサイト横に川が流れている所もあります。そういったところでは、子供達を川で水遊びさせておいて、親は夕食の準備やテントの設営に時間を費やせますので、子供達にとっても親にとっても良い事づくしです(^^)

北海道の水遊びができるキャンプ場はこちら!↓↓

北海道 水遊びができる!オートキャンプ場 ランキング6選!
子供たちのファミリーキャンプ 最大の楽しみは水遊びではないでしょうか?キャンプ場によっては海・川・池と水遊びが堪能できるキャンプ場があります。著者が実際に行ったことのある子供たちが超楽しめる!厳選した「水遊びができるおすすめキャンプ場」についてご紹介致します!

 キャンプ場内の遊具は充実しているか?

これもアクティビティをメインに考えている方には必見です。キャンプ場によっては、アスレチック遊具を謳い文句にしているキャンプ場もあります。遊具が充実している所では子供たちはのびのびと羽を伸ばして、泥だらけになって遊んでくれます。非日常的な空間で子供たちと大自然を満喫しましょう!

北海道の遊具が充実しているキャンプ場はこちら!↓↓

北海道 アスレチック遊具が充実しているキャンプ場 ランキング5選!
ファミリー層のキャンプ場選定の際には、子供たちの用途に合わせてキャンプ場探しをされるかと思います。そこで今回は大自然豊かな、かつ四季折々の風景が楽しめる北海道の「アスレチック遊具が充実しているキャンプ場 ランキング5選」についてご紹介致します!

 テントサイトからトイレ・炊事場までの距離はどうか?

お子さまが小さいと夜中のトイレが心配ですよね。トイレまでの距離が遠いと、特に雨の日では大変です。お子様のトイレがご心配な方は、オートサイトを予約する際に事前にトイレが近いサイトを指定するか、チェックインと同時に行ってトイレが近い場所を指定するか、を確認してみましょう!

 

また炊事場も同様です。小さなお子さまがいらっしゃると、目が離せませんよね。そのご心配があるうちは炊事場付きオートサイトを選択しましょう!

 キャンプ場のチェックインとチェックアウトの間隔は長いか?

テントの設営に慣れてしまえば問題はないのですが、初めてのファミリーキャンプはどうしても設営に時間がかかってしまいます。私も初ファミリーキャンプに15時チェックインの先を予約してしまい、設営が終わったらもう17時…もうご飯の支度が…そうこうしていると、もう次の日になり、気がついたらもう11時のチェックアウト…何も楽しめなかった…ということがありました(笑)

 

初めてのファミリーキャンプを楽しみたいのであれば、チェックインが早めの所をご選択することをオススメ致します。お帰りの日もチェックアウトが遅い方が楽しめますね♪

 キャンプ場の管理棟の売店の品揃えはどうか?

キャンプ場によっては、何も売っていない所もあれば、スーパー並みに充実しているキャンプ場もあります。事前に調べることによって、出発時の荷物を大幅に減らせます。

 

地元産の野菜や果物を安価で売っている所もありますが、ほとんどが割高ですので、必要なものは流行り事前に購入されて行くことをオススメ致します!

子連れキャンプでのキャンプ場選びのコツを解説!【ファミキャン初心者向け】 まとめ

キャンプに行く前のキャンプ場探しもウキウキワクワクしますよね?(^^) 絶対に失敗しないためには、事前のリサーチが大事です! 必ずネットや本で調べた上で予約し、もし不安があれば直接キャンプ場に電話して確認するのも良いでしょう♪

 

下記のサイトから北海道と全国のオートキャンプ場の設備などが確認出来ます!

北海道のオートキャンプ場ガイドはこちら↓

オートキャンプ場ガイド | 北海道キャンプドライブ&(NPO法人北海道オートキャンプ協会)
NPO北海道オートキャンプ協会・社団法人日本オート・キャンプ協会加盟のキャンプ場をご紹介しています

全国のオートキャンプ場ガイドはこちら↓

一般社団法人 日本オートキャンプ協会
日本オート・キャンプ協会では、全国の詳細なキャンプ場情報、これからキャンプを始めようという方に向けたハウツーやグッズ選びなどキャンプ情報から、国内のキャンプの動向まで様々な情報を発信しています

北海道の子連れ向きおすすめキャンプ場はこちら!↓↓

北海道 子連れ おすすめキャンプ場!ランキング 12選!子供が選びました!
我が家がファミリーキャンプ をスタートさせたのが2015年。そこから今まで我が家が選びに選び抜いたキャンプ場を、親目線と子供目線でランキング紹介!ぜひキャンプ計画に「子供が選んだ!北海道子連れおすすめキャンプ場ランキング12選!」をご参考にしてください!


タイトルとURLをコピーしました