北海道 秋のおすすめファミリーキャンプ場ランキング7選!我が家の体験記から

SNSフォローボタン
北海道ファミリーキャンプ場ランキング
スポンサーリンク

北海道のキャンプ場はお盆を過ぎた子供達の夏休みが終わったころから一気に朝晩が冷えるようになってまいります。9月に入るとセラミックファンヒーターを持参することも珍しくありません。また川や水遊びが主流であった6月から8月のファミリーキャンプとは異なり、9月以降のキャンプは子供たちの遊び方も大きく変わってきます。

 

また秋のキャンプは「キャンプはしたいけど虫が苦手!」という方にもおすすめな時期です。冷え込みが激しくなってくる影響で夏場に比べるとかなり虫が少なくなって参ります。夜も涼しく、快適に寝ることもできる秋のキャンプは、これからファミリーキャンプデビューしようか迷っているファミリーにもおすすめの時期になります♪

そこで川や水遊び以外の娯楽施設が充実し、暖房器具が必要な秋に電源が付いているオートキャンプ場を中心に「北海道 秋のファミリーキャンプ おすすめキャンプ場ランキング7選」を我が家の体験談からご紹介致します!

ブログランキングに参加しております。こちら↓をポチして頂けると助かります!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

スポンサーリンク

秋のおすすめファミリーキャンプ場①「ひがしかぐら森林公園オートキャンプ場フローレ」

広大な敷地のキャンプ場と周辺の娯楽施設が充実してて、子供たちが飽きることのない

「ひがしかぐら森林公園オートキャンプ場フローレ」!

 

キャンプ場内の広大な敷地で子供たちは思う存分に遊ぶことが出来ます♪ここではフリスビーやキャッチボール、バトミントン、鬼ごっこなど、なんでも出来ちゃいます♪

※広大な広場は周りがカーサイトAが囲んでいるため、子供たちを見守りながらキャンプ出来ます♪

 

そして隣接するひがしかぐら森林公園には名物の「スワンボート」や、池の上を走るスリル満載の「サイクルモノレール」など、お遊びスポットが充実しております♪

※サイクルモノレールの下を通るスワンボートもまたスリリング!

 

たくさん遊んだ後は、キャンプ場向かいの「森のゆ花神楽」へ! 9月以降は夕方以降冷え込みが激しくなります。そんな時近くに温泉があってポカポカ温まるのはサイコーですね♪

※温泉施設が近くにあるのはありがたいですよね!

 

そして「ひがしかぐら森林公園オートキャンプ場フローレ」は全てのサイトで電源が付いてます。春先や秋口の寒くなる季節には「電源付きサイト」は重宝しますよね!

※全てのサイトが超広く、設備も充実しているのが「ひがしかぐら森林公園オートキャンプ場フローレ」の良いところ♪

 

ひがしかぐら森林公園オートキャンプ場フローレの体験記をブログで書いてます!行かれる際の参考にして頂ければ幸いです↓↓

2019ひがしかぐら森林公園オートキャンプ場フローレ 体験レポート!
北海道東神楽町にあるファミリーキャンプ向けキャンプ場「ひがしかぐら森林公園オートキャンプ場フローレ」レポート!キャンプ場内の設備の充実さと絶景を満喫できることはもちろん、キャンプ場周辺には温泉施設や娯楽施設、観光スポットが満載のキャンプ場をどこよりも詳しく解説致します♪

秋のおすすめファミリーキャンプ場②「オートリゾート八雲」

キャンプ場内の施設の充実さと、隣接する「噴火湾パノラマパーク」で子供たちと思う存分に遊ぶことができる「オートリゾート八雲」!

※オートサイトBからの眺めが一番最高!

 

オーシャンビューのオートサイトから望む噴火湾はまさに絶景の一言です!しかし子供たちはあまりそっちには興味はないようでした( ̄∇ ̄)笑

 

子供たちの興味はやはり噴火湾パノラマパークの「遊具」ですね。キャンプ場真下にある噴火湾パノラマパークの遊具は歩いて行ける距離です。

※キャンプ場から眺める噴火湾パノラマパークの遊具の様子!噴火湾奥に羊蹄山まで見渡せます♪

 

秋の寒い時期にも安心の電源は全てのオートサイトに常設されてます♪我が家は9月以降のキャンプにはセラミックファンヒーターと電気毛布は必ず持参致します。寒くなってきた時期に電源付きオートサイトがあるキャンプ場は重宝しますね♪ 国道5線までおりていくと温泉もあるので安心ですね♪

※オートサイトAとBは電源の他に炊事場と野外卓も備え付けになってます♪

 

オートリゾート八雲の体験記をブログで書いてます!行かれる際の参考にして頂ければ幸いです↓↓

オートリゾート八雲体験レポート2019!子連れに充実なフル設備のキャンプ場を解説!
北海道でも繁忙期の予約が取りにくいキャンプ場「オートリゾート八雲」の2019GWレポートです♪ キャンプ場内の設備はもとより周辺施設も充実している「オートリゾート八雲」について、どこよりも詳しく解説致します!
オートリゾート八雲体験レポート②2019!キャンプ場周辺のおすすめスポットを解説!
繁忙期の予約が取りにくいキャンプ場「オートリゾート八雲」キャンプ場設備の充実さだけではなく、周辺にも「遊ぶ」「食べる」スポットがいっぱい!「オートリゾート八雲」に行った際に絶対に行って欲しい「おすすめスポット」を解説致します!

秋のおすすめファミリーキャンプ場③「丸瀬布いこいの森オートキャンプ場」

広大な敷地のキャンプ場内と周辺の娯楽施設が充実しているのが

「丸瀬布いこいの森オートキャンプ場」!

※キャンプ場内に蒸気機関車が通る光景は子供たちも大喜び♪

 

我が家はこちらのキャンプ場には2018年9月の三連休の時に二泊三日で訪れました。キャンプ場横を流れる武利川で水遊びが出来ることから夏場に利用するファミリーが多いキャンプ場ですが、川遊びが楽しめなくてもキャンプ場内と周辺施設が充実しまくっていて、二泊三日でも足りないくらい満喫できるキャンプ場です\(^o^)/ 

 

キャンプ場内には、子供たちが大好きなフワフワドーム、そしてその横にはゴーカートまでもがあります♪

※フワフワドームは9時から使用できますよ♪

 

これ以外にもおもしろ自転車などがありますが、ここのキャンプ場のメインはやはりこれでしょう♪そうです蒸気機関車です\(^o^)/ 実際に乗車することも出来ます♪ キャンプ場内だけでもこの充実ぶりなのですが、「丸瀬布いこいの森オートキャンプ場」の凄いところは、キャンプ場外にも子供たちが喜ぶスポットが満載なことです!

※蒸気機関車は一周12分くらいの乗車時間。キャンプ場内を1周します♪

 

キャンプ場向かいには昆虫生態館があります。ここでは巨大カブトムシや幼虫も飼育してます♪ちなみに我が家の子供たちはここに2時間以上おりました( ̄∇ ̄)

※ヘラクレスカブトムシなど、巨大カブトムシやクワガタにも触れることができます♪

 

どうしてもアクティビティに目がいきがちですが( ̄∇ ̄)、キャンプサイトもしっかりしてます♪ 秋には電源が備え付けになっている「第一オートサイト」がおすすめです! 温泉も昆虫生態館の横にありますので、何かと安心ですね♪

※電源が備え付けの「第一オートサイト」はテントとタープを張っても十分な広さ♪

 

丸瀬布いこいの森オートキャンプ場の体験記をブログで書いてます!とても1記事では紹介できない充実ぶりでしたので、二部構成にしてます♪行かれる際の参考にして頂ければ幸いです↓↓

丸瀬布いこいの森オートキャンプ場 体験レポート!キャンプ場内を解説!
「ファミリーキャンプはアクティビティ重視!子供たちと遊び尽くしたい!」「雨が降っても遊びに困らない施設がキャンプ場周辺にあって欲しい!」「一味違った遊びを堪能したい!」アクティビティ重視のファミリーキャンパーの方へ!北海道「丸瀬布いこいの森オートキャンプ場」キャンプサイト編をご紹介!
丸瀬布いこいの森オートキャンプ場体験レポート!周辺お遊び施設を解説!
「ファミリーキャンプは遊び重視!子供たちと遊び尽くしたい!」「雨が降っても遊びに困らない施設が周辺にあって欲しい!」「一味違った遊びを堪能したい!」一泊二日ではとても遊び尽くせないアクティビティ重視のファミリーキャンパーの方へ!北海道「丸瀬布いこいの森オートキャンプ場」遊び編をご紹介!

スポンサーリンク

秋のおすすめファミリーキャンプ場④「穂別キャンプ場」

大自然の形を残しつつ、電源付きの簡易オートサイトがあり現在恐竜で盛り上がっているむかわ町にあるのが「穂別キャンプ場」!

ここもキャンプ場内に流れがなだらかな川が流れており、川遊びができるキャンプ場なので、どちらかというと夏場向きのキャンプ場ですが、秋でも十分楽しめる大自然豊かなキャンプ場です\(^o^)/

 

まずは「遊具が充実していること」! 大自然の形状を利用したアスレチック遊具が子供たちに大人気!

※落差十分のターザンロープはアクティブな子供たちでも恐怖かも!でも楽しそう!

 

そして少し距離はありますが、むかわ町内には「むかわ町穂別博物館」があり、ここには今世界の注目を集めているむかわ竜の恐竜の化石や模型が展示されてます。子供たちの好奇心を掻き立てます♪

※博物館向かいにあった「地球体験館」は残念ながら平成31年3月末をもって閉館したようです。ここも面白い施設だっただけに残念ですけどね・・

 

さて一方のオートサイトは、簡易オートサイトという割には、かなり広いサイトで、木々で隣のサイト年切られてますし、電源と野外卓が備え付けになってます。そして目の前に川が流れてます。ここで釣りも楽しむことができます♪夏場は川で遊ぶ子供たちをサイトから見守れるので、夏場もおすすめのキャンプ場です\(^o^)/ キャンプ場から2キロほどのところに温泉もありますので、何かと安心ですね♪

※オートサイトは砂利ですので、寝袋の下に敷くマットは必ず持参しましょう!

 

穂別キャンプ場の体験記をブログで書いてます!行かれる際の参考にして頂ければ幸いです↓↓

穂別キャンプ場体験レポート!川遊び・アスレチック遊具を満喫したいならココ!
「子供たちと川遊びがしたい!」「遊具で思いっきり遊びたい!」「沢山のクワガタを取りたい!」「その他、近くに温泉や遊べる施設があると良いな〜」そんな貴方の希望を叶えてくれるのが『穂別キャンプ場』です。体験レポをご紹介!

秋のおすすめファミリーキャンプ場⑤「いわないリゾートパークオートキャンプ場マリンビュー」

日本夜景遺産にも登録されている岩内町内と日本海が一望できる

「いわないリゾートパークオートキャンプ場マリンビュー」!

山の中腹に位置する「いわないリゾートパークオートキャンプ場マリンビュー」ですが、夏場はそこそこ虫が多いです( ̄∇ ̄) しかし9月以降は虫が激減しますので、日中→夕方→夜と移り変わる景色を眺めながらのBBQはサイコーです♪

※移り変わる景色はまさに絶景!

そして子供たちとっては「遊具」が充実していることが「いわないリゾートパークオートキャンプ場マリンビュー」の最大の魅力です♪

※以前あった巨大木製遊具は、こちらの遊具に建て替えられました♪

 

そして岩内町には見所がたくさんあり、キャンプ場外の施設も充実しております。私の知人が岩内町に暮らしてて、岩内のグルメと見所について紹介したブログをやってます♪詳しくはこちらを参考にお出かけされてみてください↓↓

北海道岩内町移住生活体験記
札幌市から岩内町に移住しました!

 

オートサイトは電源ありとなしのサイトがありますが、残念ながら絶景が常に堪能できるのは「電源なし」サイトとフリーテントサイトのみとなってます。ただ遊具があるキャンプ場の中腹からは絶景が楽しめますので、その時の気温に応じて「電源あり」にするのか「電源なし」にするのかを選択されると良いでしょう♪ キャンプ場出てすぐのところに温泉郷がありますので、お風呂に困ることもありません♪

※こちらは「電源ありサイト」キャンプ場の下の部分に位置するため、岩内町内の景色を望むことはできません(涙)

いわないリゾートパークオートキャンプ場マリンビューの体験記をブログで書いてます!行かれる際の参考にして頂ければ幸いです↓↓

いわないリゾートパークオートキャンプ場マリンビュー体験レポート!
「子供たちを思いっきり遊具で遊ばせたい!」「絶景・夜景を眺めながらバーベキューがしたい!」そんな貴方の希望を叶えてくれるのが、『いわないリゾートパークオートキャンプ場マリンビュー』です。我が家の体験レポートをご紹介致します♪

秋のおすすめファミリーキャンプ場⑥「オートリゾート滝野」

意外ですが、札幌市唯一のオートキャンプ場で、日本オートキャンプ協会から、最高位でもある五つ星の認定を受けているオートキャンプ場が「オートリゾート滝野」!

何を隠そう我が家のファミリーキャンプデビュー戦はこの「オートリゾート滝野」でした\(^o^)/ なぜ「オートリゾート滝野」をファミキャンデビュー戦に選んだかというと、①札幌市内から車で30分とアクセスの良さと、日本オートキャンプ協会認定の初心者にも優しい施設の充実ぶりでここに決めました!

 

またもちろん子供たちにとっても飽きない楽しいキャンプ場でもあります。キャンプ場内の遊具も充実しているのですが、

※キャンプ場内の遊具も充実してます♪

 

「オートリゾート滝野」に隣接する「滝野すずらん公園」にはもっと充実した遊具があり、キャンプ場利用者は「滝野すずらん公園」の利用割引券ももらえます!子供たちが大好きなフワフワドームもあります♪

※フワフワドーム以外にも小さな子供たちが遊べる遊具がいっぱいな「滝野すずらん公園」

 

オートキャンプ協会認定のオートキャンプ場だけあってキャンプ場内の設備は超充実してます。もちろん電源や炊事場付きのオートサイトもあり、寒い時期には重宝致します♪

※こちらは電源のみ備え付けのオートサイト 我が家のファミキャンデビュー戦の光景♪

 

オートリゾート滝野の体験記をブログで書いてます!行かれる際の参考にして頂ければ幸いです↓↓

オートリゾート滝野レポ!初心者におすすめのオートキャンプ場!
「初ファミリーキャンプなので、何かと揃っている方が良い!」「子供たちを思いっきり遊具で遊ばせたい!」「札幌からより近い方が良い!」そんな貴方の希望を叶えてくれるのが「オートリゾート滝野」です・体験レポをご紹介!

秋のおすすめファミリーキャンプ場⑦「星に手のとどく丘キャンプ場」

ここは春から秋の営業期間中は全ておすすめのキャンプ場!

「星に手のとどく丘キャンプ場」!

※2019年度の営業は9月30日までのようです(涙)

 

我が家は「星に手のとどく丘キャンプ場」には6月と7月に訪れたことがありますが、7月のちょうど暑い時期に行ってしまったせいか、虫が大量発生して私だけでも20箇所以上虫に刺されました( ̄∇ ̄) なので虫が苦手な方には「星に手のとどく丘キャンプ場」は秋以降の涼しい時期に行かれることをおすすめ致します!(笑)

 

「星に手のとどく丘キャンプ場」の一番の魅力は、その名の通り天気が良ければ「星に手が届くくらい沢山の星が光り輝く」ことです♪ 夏場でも今まで見たことのない星空を体験できますが、春と秋には空気も澄んでより光り輝くことでしょう♪

※富良野の盆地を高台から望めるテントサイトからの夕焼けも絶景です♪

 

「星に手のとどく丘キャンプ場」には遊具がありませんが、子供たちを魅了するのが「うさぎ小屋」と羊たちの存在です。うさぎ小屋には沢山の子ウサギがおり、優しく触れ合うこともできますし、餌も与えることが出来ます♪

うさぎ小屋の隣には「ひつじ」たちの飼育スペースもあり、ひつじたちは定期的にテントサイトに放牧されます♪

なので時たまテントサイトや車の横までひょっこりやってきます♪

※決して悪さはしませんので、ご安心ください(笑)

通常のオートサイトには電源が備え付けになっておりません。ただキャンピングカーサイトに電源が備え付けになってますので、寒さで耐えられない時にはキャンピングカーサイトを選択されることをおすすめ致します♪

※左側が電源が備え付け担っているキャンプングカーサイト

星に手のとどく丘キャンプ場の体験記をブログで書いてます!行かれる際の参考にして頂ければ幸いです↓↓

星に手のとどく丘キャンプ場体験レポート2019!
2019年夏!北海道でも予約の取りにくいキャンプ場で有名な「星に手のとどく丘キャンプ場」に行ってまいりました!うさぎやひつじとの触れ合い、美味なジンギスカン、絶景の夕焼けと満点の星空、そしてスタッフのおもてなし等々、キャンプ場全てに到るまで事細かくレポート致します♪

北海道 秋のおすすめファミリーキャンプ場ランキング7選!我が家の体験記から まとめ

秋の北海道キャンプの魅力と言えば「紅葉を眺めながらのキャンプ!」ですが、ファミリーキャンプですと残念ながら子供たちの関心はそっちに向きません(涙)やはり子供たちの関心は「遊具」や「娯楽施設」そして「大自然で思いっきり遊べること」ではないでしょうか? また寒さ対策として電源が備え付けになっている「オートキャンプ場」を選択されるのがベストです。

 

今回ご紹介した我が家が体験した秋のファミリーキャンプにおすすめキャンプ場は、大人は秋の雰囲気を堪能しながら、子供たちは夏同様に遊べるオートキャンプ場です\(^o^)/ ぜひ秋のファミリーキャンプを満喫されるためにキャンプ場選びの参考にして頂けますと幸いです♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました