北海道 オーシャンビューのオートキャンプ場8選!サイトから直接海を見渡せるキャンプ場をご紹介! | デリキャンランの北海道大好きブログ!
*本ページにはPRが含まれることがあります

北海道 オーシャンビューのオートキャンプ場8選!サイトから直接海を見渡せるキャンプ場をご紹介!

スポンサーリンク
X(旧Twitter)とInstagramやってます!フォローしてね!
北海道キャンプ場色々ランキング
この記事は約8分で読めます。

北海道で目の前がオーシャンビューなオートキャンプ場でキャンプがしたい!

 

私はこれまで北海道内のオートキャンプ場を50ヶ所近く巡りました(2024年1月現在)ただ50ヶ所近く巡る中で分かったことが、

 

「北海道のオートキャンプ場でオーシャンビューのキャンプ場って意外と少ない」ということ。やはり北海道というと「広大な大地!」というイメージが強くて「北海道=海」という印象がかなり薄いのではないでしょうか。

そんな「広大な大地北海道」でも目の前がオーシャンビューの絶景オートキャンプ場がいくつかあります。北海道のオーシャンビューのオートキャンプ場をほぼ網羅した私が以下厳選8つのおすすめオーシャンビューオートキャンプ場をご紹介致します。

 

ぜひキャンプ場選びの参考にして頂けますと幸いです。

 

ブログランキングに参加してます!こちらをポチして下さると励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

いわないリゾートパークオートキャンプ場マリンビュー

スポンサーリンク

日本海に面する岩内町の高台から絶景日本海と積丹半島を見下ろしことのできる

「いわないリゾートパークオートキャンプ場マリンビュー」

高台に位置するフリーテントサイトとオートサイト(電源なし、2024年から電源設置予定)その真下にあるコテージからは眼下に日本海と奥には積丹半島が見渡せます。

通称「岩内ブルー」と言われているこの絶景、オーシャンビューの開放的なキャンプが楽しめます。

夕暮れには日本海に沈む夕日と息を呑むほど美しい夕焼けが堪能できます。北海道を代表するオーシャンビューキャンプ場です。

我が家はこちらのキャンプ場をこれまで4回利用しましたが、その絶景は子供たちにも大好評です。我が家イチオシのオーシャンビューキャンプ場です。

 

詳しくは「いわないリゾートパークオートキャンプ場マリンビュー」ガッツリ体験レポートで!↓

いわないオートキャンプ場マリンビュー体験レポート!超絶景が楽しめるキャンプ場を徹底解説!
「子供たちを思いっきり遊具で遊ばせたい!」「絶景・夜景を眺めながらバーベキューがしたい!」そんなファミリーおすすめなのが『いわないリゾートパークオートキャンプ場マリンビュー』です。我が家の体験レポートをご紹介致します♪

オートリゾート八雲

八雲町の高台から見下ろす絶景噴火湾と、晴れて日には蝦夷富士羊蹄山まで見渡すことのできる

「オートリゾート八雲」

電源付カーサイトAとBからオーシャンビューが楽しめます。特にカーサイトBの方がよりオーシャンビューのキャンプが楽しめます。

カーサイトA横にあるデッキからのオーシャンビューは最高です。眼下に噴火湾を見下ろします。

晴れた日には対岸の洞爺湖方面奥に蝦夷富士こと羊蹄山を眺めることができる絶景キャンプ場です。

我が家ではこちらのキャンプ場を利用したきっかけは真下に遊具があるのと、開放感溢れる絶景が楽しめるからでした。

 

詳しくは「オートリゾート八雲」ガッツリ体験レポートで!↓

オートリゾート八雲体験レポート!噴火湾を見下す絶景キャンプ場内と周辺施設の徹底解説!完璧ガイド!
北海道でも繁忙期の予約が取りにくいキャンプ場「オートリゾート八雲」の徹底解説完璧ガイド! キャンプ場内の設備はもとより周辺施設も充実している「オートリゾート八雲」について、どこよりも詳しく解説致します!

三石海浜公園オートキャンプ場

新日高町(旧三石町)に位置し、オートサイトとバンガローの目の前に太平洋の絶景が広がる

「三石海浜公園オートキャンプ場」

北海道ではかなり貴重なサイトから海岸へ直接アクセスできるオートキャンプ場です。フカフカの芝生の向こうはすぐ海という絶好のオーシャンビューキャンプ場です。

私が知る限りではおそらく北海道で一番のオートサイトから海岸への距離が近いキャンプ場です。

オートサイトと並列するバンガローからも太平洋のオーシャンビューを楽しめます。

我が家ではこれまでオートサイトとバンガローの両方を利用しましたが、オーシャンビューもさることながら静かな環境がとてもお気に入りです。

 

詳しくは「三石海浜公園オートキャンプ場」ガッツリ体験レポートで!↓

三石海浜公園オートキャンプ場 体験レポート!バンガローやオートサイトを詳しく解説!
三年前にも訪れた「三石海浜公園オートキャンプ場」北海道でも珍しいオーシャンビューのバンガローとオートサイトがあり、さらにファミリーキャンプデビューでも安心なフル設備のキャンプ場を詳しく解説致します!

小平町 望洋台キャンプ場

小平町の高台に位置し息を呑むほど美しい日本海と果てしなく北へと続くオロロンラインの絶景を独り占めできる「小平町望洋台キャンプ場」

オートサイトは目の前が断崖絶壁の高台にあるため、眼下には一面ブルーな日本海のオーシャンビューが広がります。日本海に沈む夕日が独り占めです。

フリーテントサイトからは水平線まで見える真っ青な日本海に果てしなく続くオロロンライン、そして晴れた日には天売焼尻島、遠くに利尻富士まで見渡せる超絶オーシャンビューキャンプ場です。

「小平町望洋台キャンプ場」はほぼ全てのサイトからオーシャンビューが楽しめるのもポイント高いです。バンガローからも眼下に日本海を見渡せます。

私はぼっちキャンプで利用しましたが、ほんとずっと眺めていたい、ずっとこのサイトから離れたくないくらい居心地の良い癒し空間でした。

 

詳しくは「小平町望洋台キャンプ場」ガッツリ体験レポートで!↓

2023「小平町望洋台キャンプ場」体験レポート!日本海に沈む絶景夕陽を望むキャンプ場を徹底解説!
真っ青な空と日本海、そして夕焼けに染まる利尻富士と天売焼尻島が望める「小平町望洋台キャンプ場」 超絶景が楽しめるキャンプ場についてガッツリ取材して参りましたので、フリーテントサイト・バンガローなど細部に渡るまで徹底レビュー致します!

とままえ夕陽ヶ丘オートキャンプ場

苫前町に位置し、息を呑むほど美しい日本海に沈む絶景夕日が見ることができる

「とままえ夕陽ケ丘オートキャンプ場」

真っ青な日本海を180度見渡すことができる絶景オーシャンビューキャンプ場です。直火可能な「オートサイトA」からは直火での焚き火を楽しみながら日本海に沈みゆく夕日を眺めることができます。超絶至福のひと時です。

直火はできませんが「オートサイトB」は「オートサイトA」よりもより日本海との距離が近いサイトです。オーシャンビューだけを堪能したい、という方は「オートサイトA」がおすすめです。

「とままえ夕陽ケ丘オートキャンプ場」では全てのサイトからオーシャンビューが楽しめます。日本海に沈む夕日に輝く天売焼尻島との距離も近く、目の前には幻想的な光景が広がります。

私はぼっちキャンプで利用しましたがずっと海を眺めっぱなしでした。時間と共に移り変わるオーシャンビューの絶景は、ずっと眺めていられます。

 

詳しくは「とままえ夕陽ヶ丘オートキャンプ場」ガッツリ体験レポートで!↓

2023「とままえ夕陽ヶ丘オートキャンプ場」体験レポート!夕焼けが絶景のキャンプ場を徹底解説!
日本海に沈む夕陽と真っ赤に染まる夕焼けが絶景で有名な「とままえ夕陽ヶ丘オートキャンプ場」「オートキャンプサイトA」では直火ができる上、温泉施設も海水浴場も隣接していてファミリー向けでもある絶景キャンプ場を徹底解説!

初山別村みさき台公園オートキャンプ場

初山別村の日本海に面した高台に位置し、絶景日本海と夕陽が美しい

「初山別村みさき台公園オートキャンプ場」

おすすめは海沿いに面する「スタンダードカーサイト」です。果てしなく北へと続く断崖絶壁の美しいオロロンラインと真っ青な日本海が眼下に広がります。

特に夕日の時間帯には息を呑むほど美しいオーシャンビューが広がります。

「初山別村みさき台公園オートキャンプ場」では基本的にどのサイトからもオーシャンビューを楽しめますが、やはり海岸に面したサイトの方が断然おすすめです。

私はぼっちキャンプで利用しましたが、美しいオロロンラインとオーシャンビューの日本海を見渡す絶景サイトをゲットできたので、ずっと海を眺めてました。リピート間違いなしの心落ち着くキャンプ場です。

 

詳しくは「初山別村みさき台オートキャンプ場」ガッツリ体験レポートで!↓

2022年「初山別村みさき台公園オートキャンプ場」体験レポート!日本海を見下ろす絶景キャンプ場徹底解説!
日本海に沈む夕陽をサイトから眺める事が出来る絶景キャンプ場「初山別村みさき台公園オートキャンプ場」キャンプ場内はもちろん、キャンプ場周辺情報についてもガッツリ取材して参りましたので、ご予約やご利用の際の参考にして頂けますと幸いです。

天塩鏡沼海浜公園オートキャンプ場

天塩町の「鏡沼海浜公園」にあり、少し海から離れているけど高台のオートサイトから日本海を望むことができる「天塩鏡沼海浜公園オートキャンプ場」

オーシャンビューと言っても高台にあるオートサイトから見渡せるのは一番温泉寄りのサイト2サイトのみです。目の前の茂みが妨げとはなりますが、なんとかオーシャンビューを楽しめます。

高台に鎮座するバンガローからもオーシャンビューを楽しめます。私が利用した日は曇り空でしたので一瞬だけ夕日が見られましたが、日本海に沈む夕日を楽しむことができます。

私はぼっちキャンプで利用しましたが、ガッツリオーシャンビューを楽しみたい方にはおすすめできません。やはり少し海岸との距離感を感じました。

 

「天塩鏡沼海浜公園オートキャンプ場」ガッツリ体験レポートはこちら↓

2023天塩町鏡沼海浜公園キャンプ場体験レポート!温泉隣接の絶景キャンプ場を徹底解説!
日本海に沈む夕陽にオレンジ色に染まる利尻富士を眺めることができる「天塩町鏡沼海浜公園キャンプ場」温泉隣接の日本海に面するキャンプ場のガッツリ体験レポートをご紹介!

道立オホーツク公園てんとらんどオートキャンプ場

網走市の「道立オホーツク公園」内の高台に位置し、目の前がオーシャンビュー&知床連峰を望む超絶景

「オホーツク公園てんとらんどオートキャンプ場」

ここは日本海沿いのキャンプ場とは一味違う壮大なオーシャンビューを楽しむことができます。見渡す限り180度のオホーツク海とその奥には世界遺産知床連峰を見下ろすことができる絶景キャンプ場です。開放感がハンパないです。

特にフリーサイトからは前に遮るものがなく、オホーツク海と知床連峰を見渡せます。オーシャンビューを楽しみたいのならおすすめのサイトです。

キャンプ場の中腹にある「プライベートサイト」と1番の高台にある「コテージ」からも絶景オーシャンビューを楽しむことができます。

私はぼっちキャンプで利用しましたが、目の前に真っ青な空と180度広がるオホーツク海、さらには知床連峰の美しさにずっと目を奪われっぱなしでした。ここもリピート間違いなしのキャンプ場です。

 

詳しい「オホーツク公園てんとらんどオートキャンプ場」ガッツリ体験レポートで!↓

2023【オホーツク公園てんとらんどオートキャンプ場】体験レポート!なんでも揃うファミリー向けキャンプ場を徹底解説!
真っ青なオホーツク海と背後に連なる知床連峰の雄大な景色がサイトから望める「オホーツク公園てんとらんどオートキャンプ場 」ドッグランがあったり、どデカいアスレチック遊具があったり、サイトの設備が充実していたりと、大人から子供まで存分に快適に楽しめるキャンプ場を徹底解説!

まとめ:真っ青な海を眺めながら綺麗な景色を堪能したいのならオーシャンビューのキャンプ場で決まり!

北海道には海沿いに面したキャンプ場は思っているほど多くありません。しかもオートキャンプ場となると10ヶ所程度ではないでしょうか。

私は北海道のオーシャンビューのオートキャンプ場を100%制覇はしておりませんが、ある程度は網羅したつもりです。ぜひ「北海道のオーシャンビューのキャンプ場」で絶景眺めながらキャンプを楽しみたいキャンパーさん、参考にしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました